ソ連軍のT-34中戦車、及びKV-1、KV-2重戦車はドイツ戦車にとり大きな脅威となった。
さらに、これらを凌ぐソ連軍の新型戦車出現の可能性を危惧したヒトラーは、1941年11月29日の総統官邸における会議で超重戦車開発の可能性について打診した。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る