この「陸上巡洋艦」は、クルップ社の製作した口径800mmのシュベーラー・グスタフ砲を搭載するための自走プラットホームとして設計された。シュベーラー・グスタフ砲は、第二次大戦の実戦で発砲されたものとしては最大の砲熕兵装である。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る