1. まとめトップ

【時の流れは残酷?】あのスーパーモデルは今・・・【今はスーパーマザー?】

90年代に一世を風靡したスーパーモデル。今どんなことに・・・?

更新日: 2013年05月26日

74 お気に入り 620239 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

melodienelさん

リンダ・エヴァンジェリスタ

カナダ出身。1990年代のスーパーモデルブームを築いた一人。「1万ドル以下の仕事ならベッドから出ない」との発言が物議をかもしたことも。

2006年に大富豪フランソワ=アンリ・ピノーとの長男を出産後、養育費を巡って裁判に。
法廷を行き来する姿もランウェイ並みに目立ってます。

息子のオーガスティン君を遊ばせる姿もスタイリッシュ!

クリスティー・ターリントン

アメリカ・カリフォルニア州の出身。
数々のショーや広告に出演。リンダやナオミとともに、フォトグラファーのスティーブン・マイゼルお気に入りのモデルでした。

比較宗教学と東洋哲学を修め、ヨガインストラクターとしても活躍。
自らが出産時にひどい出血を経験したことをきっかけに、世界の妊産婦の健康に関心を寄せ、Every Mother Countsという団体を設立。ますますパワフルに、グローバルに活躍しているそう。

この笑顔が充実した人生を物語っていますね!

カーラ・ブルーニ

イタリアの裕福な家庭に生まれ、スイスの寄宿学校へ。大学在学中にスカウトされてモデルとして活躍し、引退直前の収入は年収700万ドルとも噂されました。

2002年に歌手に転身。

哲学研究者との間に一子をもうけた一方、ミック・ジャガー、ドナルド・トランプ、エリック・クラプトンなど錚々たる顔ぶれとの男性遍歴を経て、2008年、ニコラ・サルコジ大統領(当時)と結婚。

アルバム「風のうわさ(Quelqu'un m' a dit)」が200万枚も売れた彼女ですが、ファーストレディーとしての国民的人気はイマイチだったようです。

ボトックスの打ち過ぎを懸念する声も…。

ナオミ・キャンベル

子役としてキャリアを積み、ロンドンでスカウトされてモデルに。人気を博し、トップモデルの座につきました。
歌手として日本でも久保田利伸とのデュエットを発表。

家政婦やアシスタント、ドライバーへの暴行でたびたび裁判に。
そして近年はショッキングな生え際写真まで撮られてしまいました。長年続けたエクステによる影響とか・・・。

最近の写真です。この笑顔とプロポーションは美しい!

ケイト・モス

167センチというモデルとしては小柄な身長と華奢な身体のラインは、ナオミのようなゴージャススタイルとは対照的で、「アンチ・スーパーモデル」とも称されました。カルヴァン・クラインの一連の広告はあまりにも有名。

薬物トラブルから復帰。2013年にはヘアケアブランド「ケラスターゼ」のモデルに起用されるなど、現役モデルとして活躍しています。

こちらはロンシャンのイベントでの姿。

クラウディア・シファー

ドイツ出身。身長は180cm。ずば抜けたスタイルの良さで一躍トップモデルに。

小悪魔的な表情が「ブリジット・バルドーの再来」と言われ大人気に。確かにそっくり!

今は3人の子供の母!ユニセフ親善大使も務め、活躍の幅を広げています。

2012年、GUESS30周年記念パーティーでの姿。スタイル抜群すぎる!
GUESSの広告にも再登場し、年齢を超えた美しさを披露しています。

シンディ・クロフォード

アメリカ生まれ。抜群のプロポーションで、世界で最も有名なカバーガールの一人に。高校時代からモデル業をしつつ、成績は常にトップ。大学では化学を専攻していたそう。

ハワイでのこの姿。どういうシチュエーションなのか全く見当がつきませんが、ものすごく勇ましいです・・・。

子供たちの美形ぶりも話題に!
こちらは2012年12月にドバイ旅行へと旅立つところ。娘のカイア・ジョーダン・ガーバーちゃん、顔もスタイルの良さもママそっくり!

こちらは2013年1月にマリブでパパラッチされた息子のプレスリー・ウォーカー・ガーバー君。今後の成長が楽しみです♡

1 2