1. まとめトップ

プヨプヨ太もも夏までに何とかしたい!裏ももに利く3つの事

裏太ももがとにかくぷよぷよ。スリムなパンツをスリムに履きたい!まだ間に合います!

更新日: 2015年05月19日

1373 お気に入り 856687 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tomy_1129さん

裏ももがプヨプヨ

「前ももは堅いのに裏ももがぷよぷよ」って方が結構いるようです。私はどっちもぷよぷよですが、、

裏ももの鍛えかたは単純じゃないようです。

1.太もも浮かし

足は肩幅ほど広げる。リラックスして全身の力を抜く

息を吐きながら持ちあげる。ももの裏を真上にあげる。

『始めは数cm浮かす程度、筋肉をつけて徐々に床から高く浮かせる』

始めは浮かなくても良いから、お尻orももの裏に力を入れてあげようとする行為が大切

『"ふくらはぎ"つま先に力を入れると、太ももは浮かない』

ふくらはぎorつま先に力を入れなくっても、太ももは浮きます。というより、逆に"ふくらはぎ"などに力を入れると、太ももは浮きません

2.ベーシック・ブリッジング

息を吐きながら坐骨を膝の裏側に向けて引き上げて行きます。

3.お尻が浮き始めたら、骨盤、ウエスト、背中の順にゆっくりと背中を床から剥がしていきます

背中の真ん中あたりまで上がったら動きを止め、息を吸いましょう。

3.ガニマタ・スクワット

”両方ベタ足で行なう方法”と”片足はつま先立ちする方法”の2種類あるようです。

両方ベタ足で行なう方法

1.脚を広めに開き、つま先を45度ほど外側に向けます。

片足はつま先立ちする方法

1.脚を広めに開き、つま先を45度ほど外側に向けます。

2.この体勢から片方の脚のかかとを上げながら、ひざを曲げていきます。

3.ひざの角度が90度になったところで一旦静止します。

4.ひざを伸ばすと同時にかかとを下ろし、元の体勢に戻ります。

ひざを左右交互に上げ、これを繰り返します。

■参考リンク

1 2