1. まとめトップ

【うつ病、五月病、ダイエット、禁煙】...「システマ」殺人武術で乗り切ろう?!

システマはソ連で開発された戦闘、人質奪還、カウンターテロ作戦に対する軍隊格闘術として有名ですが、実はその「基本原則」は非常にシンプルで学校や会社などの日常生活で応用可能なメソトロジーで構成されています。この「基本原則」を習得すれば、様々な苦境をリラックスして対応出来ます。

更新日: 2013年05月17日

51 お気に入り 70643 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yuk999jpさん

【システマ】って何?

システマはソ連の独裁者ヨシフ・スターリンのボディーガードから教わったミハイル・リャブコによって創設された。システマは特殊部隊に所属したリャブコ自身が体験した戦闘、人質奪還、武装解除、カウンターテロ作戦など数多くの実戦の中で得たノウハウから構築されている。

何か、怖そうなイメージですが...コアとなる教えは、体術のみの格闘技とは違い、いろいろな事に応用出来るものです。

徹底した構えの脱力とスピーディかつ柔らかな動作が特徴。その形態からロシアの合気道と呼ばれることがあるが、システマはキエフ大公国時代から存在した民族武術が源流であり、双方の技術的な発祥に関連性は無い。

ナイフ、槍、棍棒、拳銃、突撃銃などの武器に関する攻防技術が多く盛り込まれている。これはロシア伝統武術全般の共通理念である全局面戦闘、白兵戦における生存性の向上などを色濃く受け継いだものと思われる。

「システマには決まった型や技はありません。呼吸のコントロールにより、体をリラックスさせ自然と状況に対処する、というのが基本にあるだけです」(公認システマインストラクター北川貴英さん)

って、じゃあ何が凄いの?

基本原則

システマでは個別の技よりも、身体の使い方の原理を習得することに重点が置かれている。特に以下の4つが、システマ的な身体の使い方の基本原則であるとされる。
 ①Keep breathing (呼吸し続ける)
 ②Stay relaxed (リラックスを保つ)
 ③Keep straight posture (姿勢を真っ直ぐ保つ)
 ④Keep moving (移動し続ける)

この4原則は、具体的にどういう事か?
最後まで読めば、何となく分かります。

システマの4つの基本原則を絵にしてみました。
恐らく、こんな概念です。
「Keep straight posture」と「Keep moving」は、日常生活の、様々な分野に応用できるよね!!

①Keep breathing (呼吸し続ける)

1.息を吸いながら全身の筋肉を緊張させる
 2.息を止め、力が抜けているところを見つけ、緊張させる
 3.ゆっくり息を吐きながら全身をリラックスさせる。
  ※これを繰り返す
 4.終えるときに、エクササイズの余韻を感じるようにする

という流れになっています。実際にやってみると分かりますが、いったん緊張させてから弛緩という感覚は、単にリラックスしようと意識するより深いリラックスが得られます。

システマの呼吸法は「システマ・ブリージング」と呼ばれ、日本の合気道にも似て、とても奥が深いものですが、基本的には鼻から吸って口をすぼめながら息を吐くというのがセオリーです。

「脳が生む止めどない思考を自力で止めるのは非常に困難です。肉体はというと、脳や精神に比べて格段にコントロールが容易です。ですから恐怖のスパイラルを断ち切るには、肉体に働きかけるのがもっともやりやすいのです。それには筋肉のリラックスが必要です。そうすれば筋肉の緊張を知らせる信号が脳に送られなくなりますし、脳が恐怖心を増幅させることもなくなるのです。」
なるほど!!そういう原理か~!!

肺が空気に満たされれば体内の圧力は高まり、逆に肺から空気が抜ければ圧力が低下します。呼吸による圧力は正しい姿勢をキープし、健康を保つ上でもとても重要な役割を担っています。

健康にも、勿論良いらしい!!

リカバーの手段として使うのが「バースト・ブリージング」という呼吸法です。
小刻みにフッフッフッフって鼻から吸って口から吐き出し、呼吸だけを使って、走ることで生まれた筋肉の緊張や呼吸の乱れを整えていく=リカバーしていくのです

通常のブリージングでは回復出来ないストレスや負荷を解消する為に、「バースト・ブリージング」という呼吸法でリカバーします。
どんなに苦しい場面でも、呼吸法だけで心と体を落ち着けて対処します。

②Stay relaxed (リラックスを保つ)

リラックスがどうして大事かというと、たとえば鉄砲持った人がこっちに向ってきたら、緊張しますよね。緊張して頭が真っ白になっちゃうと、自分の能力を十分に発揮できません。能力を最大限に発揮しなきゃいけないピンチにもかかわらず、自分のスペックを落としてしまう。

そうならないようリラックスして、極限状態でも自分のスペックを最大限に引き出せるような状態をつくれるようになりましょう、というのが、システマの基本となる考え方です。

「生きているものと死んでいるものの違いは『動き』です」と、セルゲイ師は言う。「その動きを妨げるものとして、身体のテンション(緊張)があります。そして、正しくない考えも、動きを妨げてしまいます」。

疑いを持つことやネガティブな考えもまた、心のテンション(緊張)を生み出し、動きを妨げることにつながってしまう。

どんな事でも平常心を保ち、冷静に対応すれば大抵の事は何とかなるものです!!

ダイエットの苦しみ!
喫煙の辛さ!
仕事上のストレス!!

全てのストレスを意図的にコントロール出来るという事は、凄く大切な事です。
※勿論、ストレスを感じない事は危険です。
 ストレスを感じて、それに対処するという事が一番重要ですね。

③Keep straight posture (姿勢を真っ直ぐ保つ)

いかなるスタンスもなく、恐怖や緊張することなく、普通で自然な姿勢をとることです。あなたがそれを維持することができるならば、相手は、あなたを恐れず、より近づいてきます。彼らは、予想外のアクションへの準備が少なくなります。そのため、より相手をコントロールできるのです。

正しい姿勢は、ストレスが掛からず、どんな状況にも俊敏に対応出来ます。

④Keep moving (移動し続ける)

「動き続ける」は体の動きだけでなく、一つのことに居着いてしまうことなく、常に変幻自在に動き続ける精神面の働きも指します。やや固い言い回しをするなら「執着しない」と言い換えても良いでしょう。

・戦場であれば銃弾が飛び交う中でも普段コンビニに行くのと同じくらいの冷静さで敵地に突入できる人がいたとしたら、もはやその人は超人です。強いストレスの中でも普通でいられるということは、それ自体がとても高度なことなのです。

自分を取り巻く状況に柔軟に対応するという事は、進化という生物の基本機能と一緒です!!
周りの環境に対応出来ないものは、生き残れませんよね。

システマの基本原則を習得すると、こんなに強くなるらしい!!

基本原則を習得し、システマ・ストライクという独特の打撃法を行うと、こんなに凄い!!

システマって、だれでもどこでも出来るの?

システマを学ぶには東京や大阪などにあるシステマ公式団体及びトレーニンググループ主催のトレーニングやセミナーにご参加ください。

東京では日曜日を除くほぼ毎日、都内のどこかでシステマのトレーニングが行なわれています。大阪や神戸、名古屋や四国でもトレーニングが行なわれています。

一度は、経験するのもいいかも?

国内インストラクターによる団体のリンク一覧

1 2