1. まとめトップ

金魚やメダカの最強の飼育水、グリーンウォーターの作り方

グリーンウォーターは意外と作るのにコツが必要だったりします。人によってその作り方は様々ですので、グリーンウォーターの作り方をまとめてみました

更新日: 2019年09月20日

129 お気に入り 614167 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

金魚やメダカ飼育に最適なグリーンウォーターとは?

グリーンウォーター(Green Water)とは?
(特に屋外など日光がよくあたる場所でメダカを飼育していると、その飼育水が緑色になること。メダカや金魚飼育における、その水の呼び名)

実は、運がよければ、というか、環境が揃ってさえいれば、何もしなくても自然とグリーンウォーターが出来上がります。

緑色の元でもある植物性プランクトンが発生して緑色に見えますが、
この植物性プランクトンがメダカの育成に非常に効果的です。

実は、このグリーンウォーターは金魚やメダカにとって、とても良い水だと言われています。

植物性プランクトンはメダカの糞の有害な

窒素化合物等を栄養分として吸収します。

この点も金魚やメダカにとってうれしいことです。

グリーンウォーターとは、こんな感じの水です。

グリーンウォーターと言っても、様々な色、濃さの水があります。

なぜ緑色になるのか?その理由は・・・

水中で幾多の微生物や植物性プランクトンが発生して来ていることが大きな理由です。

どのくらいの濃さのグリーンウォーターが良いグリーンウォーターなのでしょうか?それは・・・

よく言われる目安としては薄めの緑茶程度のサラッとした濃さのキレイな
緑色がベストで抹茶のようにドロッと濃いものや茶色っぽいものは良くありません。

グリーンウォーターの作り方

放っておいても勝手に出来上がると言われているグリーンウォーターですが、
いざ、自分で作るとなると、なかなかうまくできない場合が多いようです。

そこで、達人たちの、グリーンウォーターを効率よく作るためのコツをまとめてみました。

グリーンウォーターを手っ取り早く作るには生き物が必須でごじゃりまする。

少量の底砂や水草を入れても生き物さえ入れてあげれば、自ずとグリーン化してきます。
大量の?底砂や水草類は…アウトですよ。
水質を浄化しようとしますから…

発砲スチロールなどに水をため何もいれずに10日ぐらい放置

メダカを数匹入れておきます

日光のよくあたる場所におけば自然に緑化してきます

増やしたい場合は20日ぐらいたったグリーンの水の元

を新しい水に混ぜると早くグリーンウオーターが出来ます

水道水にメダカを入れないで作るという達人もいるようです。↓↓

バケツに水道水(窒素分を含んだ水)を入れて、日がよく当たる場所にしばらく置いておくだけで水が緑色になっていきます。

グリーンウォーターを簡単に作るには、
バケツに水道水を入れて、日の良く当たる
場所にしばらく置いておけば水が緑色に
なります。

グリーンウォーターを作るには、水の
浄化作用を持った、水草や土を入れない方
いいように思えます。

以上をまとめてみると、まずは、水道水をそのまま日当りの良いところに置いておく。
それで、グリーン化しなければ、メダカを数匹入れて、様子を見る。
その際、水草や底の土や砂は入れない方が望ましいという結果となりました。

小さな容器でもグリーンウォーターを維持することは可能

例えば、このグリーンウォーターは、きれいな色で臭みもない状態を、こんな小さな容器で維持し続けることができています。

グリーンウォーターで飼育するデメリット

1 2