1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

東京大学の湯本潤司教授らは樹脂で高精細な立体形状を素早く作製できる3Dプリンターを開発した。今まで難しかった0.1ミリメートル以下の微細な構造が作れる。軽量化材料や化学反応を起こす超小型な装置など様々な小型の部品作りに応用を見込んでいる。企業と協力して実用化を目指す。

 開発したのは紫外線をあてると固まる樹脂を使う3Dプリンター。直径10センチメートルの円筒形のガラス面上に樹脂を流し、円筒の内側か…

3Dプリンターで作ったとみられる樹脂製の拳銃のようなものを5丁押収。県警科学捜査研究所の鑑定で、うち2丁は金属製の実弾を発射することが可能で、殺傷能力があることが判明した。
 2丁とも実弾を1個ずつ装填(そうてん)して発射する設計だが、実弾は見つかっていない。居村容疑者は高等職業技術校で旋盤などの加工技術や免許を幅広く取得しており、県警は「雷管や火薬が手に入れば実弾の製造は可能」とみている。
 県警は銃の製造に用いた3Dプリンターやパソコンなどを押収。パソコンには銃の設計図が残っていた。プリンターと設計図は、いずれもインターネットを通じて入手したとみられる。

「昨年11月、米テキサス州の企業が、硬質樹脂だけでなく、金属でも可能な特殊な3Dプリンターを使い、設計図が公開されている軍用拳銃をモデルにし、複製に成功してます。これにより高性能な拳銃が手軽に製造できることになってしまった。闇社会の流通経路や価格に影響が出れば、素人の手に渡る機会が増えることにもなりかねない」(警察関係者)

 昔では考えられなかったことが起こるのがいまの社会。早急な対策が望まれる。

XYZプリンティングジャパンは3月18日、家庭向け3Dプリンタ「ダヴィンチ 1.0 3Dプリンタ」(以下、ダヴィンチ 1.0)を、ビックカメラグループ傘下の各店舗で販売開始すると発表した。すでに国内でもECサイトを通じて発売していたが、販売チャンネルを量販店まで拡大し、今後3年間、ワールドワイドで100万台の販売を目指す。

 ダヴィンチ 1.0は、FFF方式(熱融解樹脂積層法)を採用した家庭向け3Dプリンター。6万9800円と、7万円を切る手ごろな価格ながら、ワークエリアが200(幅)×200(高さ)×200(奥行き)ミリと最大造形サイズが比較的大きく、積層ピッチも0.1〜0.4ミリの可変で設定できるのが特徴だ。

3Dプリンターで「ピザ」を製造・義足・食物や金属日常生活に欠かせない安い7800円

Dプリンターで「ピザ」を製造することに成功したのだ。正確に言えば3Dプリンターの技術を駆使してピザの形状に見立てた食料を作るということのようだが、見た目は本当にピザにしか見えない。焼き加減もチーズのとろけ具合もまさに正真正銘の「ピザ」である。いったいなぜ3Dプリンターでピザを作る必要があるのか、早速ご覧いただきたい。

3Dプリンターも、「ソーシャルファブリケーション」の手段となることで、私たちの今後の日常生活に欠かせないツールとして進化していくに違いない。現在、 3Dプリンターに対して騒ぎすぎとも言いたくなるような注目が集まっているのも、その可能性がいち早く認められたためではないだろうか。

3Doodlerで作った巨大な作品がディスプレーされていましたが、これを完成させるまでには、本当に何十時間もかかったのでは?と推測されます。

3Doodlerの使い方は本当に簡単だし、お値段も75ドル(約7800円)というお手頃価格。一番安い3Dプリンターかもしれません。ちょこっとの絵心と好奇心の持続と根気があれば、こんな素敵な作品を作ることもできるんですよ。

3Dプリンターの技術を利用して作った蹄鉄をホーリーちゃんの脚につけたところ、とても快適で彼女は再び歩けるようになったそうです。

ホーリーちゃんを苦しめていたのは、蹄葉炎と呼ばれるもので、馬の間ではもう正常に歩けなくなると恐れられている病気です。

歩くたびに鋭い痛みが脚に走るので、歩くこと自体が大きな負担になってしまうのです。

私は1、非常に重要なことを言ってから始めましょう:これはデスクトップ3Dプリンタに関するものではありません。
固体概念3Dプリントサービスの世界的リーダーであり、3D印刷に我々の能力は、世界初の金属銃は、当社の地位を固化する。銃は、古典的な1911年、かつて時代を超越し、パブリックドメインにあるモデルです。それは、美しく機能:当社の常駐銃の専門家は50の成功ラウンドを解雇し、30ヤード以上で数雄牛の目をヒットしている。ガンは17-4ステンレススチールとインコネル625の材料で30 +の3Dプリントのコンポーネントで構成されています。我々は、3Dプリントに夢中のようなものだから我々は、選択的レーザー焼結(SLS)3Dプリントハンドグリップでそれを完了した。
世界初の3Dプリントメタルガン

データを読み込んで立体化する3Dプリンタが個人でも入手できる価格帯まで下がってきたのに続いて、今度は立体物をスキャンしてデータ化する3Dスキャナを……ということで、20万円台で購入できる3Dプリンタ「Replicator2」を作っているMakerBotが「Digitizer」という3Dスキャナを3月に発表しましたが、その価格が1400ドル(約13万8000円)で、10月から出荷開始となることが明らかになりました。

1 2 3