1. まとめトップ
  2. ガールズ

【まるで自分を見てるみたい…】女心をリアルに描いた映画7作品

恋愛に不器用な女性を描いたおすすめ映画を紹介します。

更新日: 2013年08月30日

tamayojpさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1048 お気に入り 158771 view
お気に入り追加

■ストロベリーショートケイクス

デリヘル店の電話番として働く里子(池脇千鶴)は、恋の訪れを待ちわびる毎日を送っていた。そんな里子が憧れるデリヘル嬢の秋代(中村優子)は、同級生の菊地(安藤政信)に思いを寄せながらも恋心を伝えられないでいた。一方、ふたりで同居するOLのちひろ(中越典子)とイラストレーターの塔子(岩瀬塔子)もそれぞれ日々に悩んでいて……。

なななんきりこ、てミーハーなのか。ストロベリーショートケイクスは映画もなかなか良いですよね。どっちにもよさがある。原作号泣、映画も号泣。サブカルちゃんならマストっすよなぁ!

池脇ちづるが出だしから可愛いすぎます。それぞれの女性の魅力がとても出ていて、いい映画だと思います。思いっきり女性のための映画ですね。男性は観てもつまらないかもしれません。

何かを持っているのに、持たない何かに憧れる。自分の持っているものには無頓着なのに、自分が持たないものには異常なほどに執着する。結婚や恋愛、自らの仕事、才能に焦る20~30代。等身大の女性がここにはいます。

■さんかく

同棲(どうせい)生活を送る倦怠(けんたい)期カップルの百瀬(高岡蒼甫)と佳代(田畑智子)の家に、夏休みを利用して佳代の中学生の妹・桃(小野恵令奈)が住み着いてしまう。自由奔放な桃は風呂上がりに下着を着けずにウロウロするなど、気まぐれな態度で百瀬を翻弄(ほんろう)し、一方、彼の心の動揺を感じ取った佳代は、百瀬の気を引こうと策を練るが……。

『さんかく』 ★★★★4.7点。 イタい女を演じさせたら最強!の田畑智子がやはりイタい!!笑えるし最後の展開は痛快そのもの!最高! filmarks.com/detail/4319

28.さんかく じわじわくる。高岡蒼甫のダメっぷり、田畑智子の面倒臭ささ、演技ですらない圧倒的なロリータアイコン小野恵令奈、それぞれがハマり役。大なり小なり誰もが身に覚えのある、刺すような気まずさ、イタさ、ズルさに身悶え必至。ロリコン性を引き出す危うい傑作。吉田恵輔で一番好き。

■ブロークン・イングリッシュ

ニューヨークのホテルでVIP対応係を務める30代独身のキャリアウーマン、ノラ(パーカー・ポージー)。母親のヴィヴィアン(ジーナ・ローランズ)からは結婚のことを心配されるものの、男性と付き合えば失敗ばかり。日に日に人生の不安を膨らませていくノラは、ある日、フランス人男性のジュリアン(メルヴィル・プポー)と出会う。

主人公と同じような立場なので(美人ではありません)痛いくらいに気持ちが分かり、泣きました。男性には理解不能の映画だと思います。

ぜひ30代以上の女性にもっと観て貰いたいと思います。主人公の親友が既婚女性ですし(親友も悩んでます)独身ではなくても同調でき楽しめると思います。

ストーリーやロケーションも女性の心をグッととらえてる作品です。 そしてリアルに30代の独身女性が "そのままの自分を愛してくれる人に出会いたい" "でも もう誰からも愛されないかもしれない" そんな揺れ動く気持ちをアメリカ人女性としてパーカー・ポージー(最近ではスーパーマンリターンズ(06)に主演)が見事に演じて、そして相手役の年下のフランス人としてメルヴィル・プポーが純粋な愛情を自然体に表現しています。

■君とボクの虹色の世界

アーティストを夢見ながら、高齢者用タクシーの運転手として生計を立てているクリスティーン(ミランダ・ジュライ)は、ある日、彼女はショッピングモールにある靴売り場の店員リチャード(ジョン・ホークス)に一目ぼれする。しかし離婚したばかりのリチャードは傷ついた心を持て余すあまり、彼女の気持ちに応えることができない。

この映画に出てくるすべての人が愛を求めていて、愛されたい気持ちに年は関係ない。あたたかい愛がちりばめられている。とっても優しくなれる映画だと思う。

何度も観たくなる、元気が貰える作品です。クリスティーンのリチャードへの積極的な行動は、とってもかわいいし、勇気が貰えます。

監督ミランダジェライの才能は映画、音楽、アート、いろいろなところで活躍している。ミランダジェライの世界観はいままでにない感じ。この映画はソフィアコッポラ系、岩井俊二系が好きだったら借りて見るべき作品。サントラも買います!

1 2 3





tamayojpさん



  • 話題の動画をまとめよう