1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

テレビの主電源は切ったほうが良い?節約の意外な落とし穴

気軽にできる節電のひとつとして「テレビの主電源を切る・コンセントを抜く」という方法があります。待機電力をカットできるので節電の効果はありますが、テレビに負担がかかることもあるようです。テレビを開発・販売しているメーカーサイトが、どんな方法を推奨しているかなどを調べました。

更新日: 2013年05月17日

196 お気に入り 322669 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

くまもちさん

▼ テレビを見ていない時、主電源やコンセントはどうしていますか?

気軽にできる節電のひとつとして「テレビの主電源を切る・コンセントを抜く」という方法があります。待機電力をカットできるので節電の効果はありますが、テレビに負担がかかることもあるようです。

テレビを開発・販売しているメーカーサイトが、どんな方法を推奨しているかなどを調べました。

節約のため、使わない電機製品のコンセントは抜く、などをしています。テレビなどは、リモコンで電源を切るだけではなく主電源を切った方が節約になると読んだことがあり、リビングや自分の部屋のテレビはそうしています。

テレビ見ないとき主電源から切ってるから、データ取得?に時間かかって反応悪いわしのテレビ。

リモコン探してたらテレビの主電源切っちゃって予約が無かったことにされた

▼ テレビの消費電力を節約したいけど、主電源を抜いても大丈夫?

待機電力のカットによる節電を考える場合、常時通電が不必要な電気機器に限ってコンセントを抜く事を基本と考えます

昔のテレビはブラウン管式だったので、スイッチを入れてすぐに映るようにブラウン管を余熱しておく必要があり、待機電力増大の大きな要因となっていました。しかし、今は液晶式やプラズマ式のテレビが主流になり、余熱の必要がなくなったので、テレビの待機電力は大幅に下がっています

内蔵時計機能の狂いの他にも、テレビ番組表のデータ通信を行えなかったり、予約録画ができないなどの不具合が発生します

▼ メーカー公式サイトにはどう書かれている?

本体で電源を切るのと、リモコンで電源をオフするのとでは、消費電力はほとんど変わりませんが、本体の電源を切ることで微量ながらリモコン信号を受ける為の待機時電力を節約することができます。

【質問】本体で電源を切るのと、リモコンで電源をオフするのとでは、どちらが節電になりますか?

ただし、番組表などデジタル放送で送られる情報が自動ダウンロードできなくなりますので、リモコンで電源をオフしていただくことをお薦めします。

【質問】コンセントから電源プラグを抜いても問題ないですか?

主電源が切られた状態では、電子番組表のデータや、ソフトウェア更新等に必要なメンテナンス情報も取り込めなくなります。長期間留守にする場合や、本体に異常が生じた場合以外は主電源を切らないことをおすすめします。

【質問】録画機能付きテレビの主電源を切った状態でも、録画予約は実行されますか?

▼ 主電源を切ったほうが、消費電力が多い場合も…

最新のテレビは、待機時の消費電力が、0.03W/時と非常に低くなっていて、まるまる1年間(1日24時間、365日)待機したとしても、その電気代は、約6円です。 その3倍の0.1W/時としても、約20円に過ぎません

「リモコンオフ」と「主電源オフ」の状態からテレビを起動させた場合にどれだけ電力がかかるのか、起動から一定時間(5分程度)までの消費電力量をはかってみると、主電源オフからの起動のほうが、電力量が大きい

▼ 使っているテレビの取り扱い説明書をよく読むことも大切

今回まとめを作成しようと思った要因として、テレビの予約録画が上手く機能しないことが多かったためです。家電販売店で質問してみると、テレビの主電源を落とすことでソフトウェアの更新やメンテナンスが上手くできていないのではないかとのことでした。

それ以後、主電源を落とさないようにしているのですが、今のところ予約の失敗がなくなりました。

テレビやDVDレコーダなどの場合は、主電源を切ったりコンセントを抜く前に、取扱説明書をよく読んで、必要な機能に支障がないか十分に確認しましょう。また、液晶ディスプレイ表示などを消す「省エネモード」を有効に使いましょう

コンセントを抜くことでの節電効果はもちろんありますが、次のようなケースもあります。ハードディスクを搭載しているレコーダーに関して言えば、コンセントを抜けば留守録ができませんし、うっかり録画中にコンセントを抜けば、HDDが破損して、録画している番組の全てを失うことになります

▼ 簡単にできるテレビの節電方法

テレビは薄型テレビ、ブラウン管テレビを問わず、画面を明るくし、音声を大きくするほどに消費電力が増します。そこで設定を「省エネモード」に変更すると節電ができ

薄型テレビは購入時に最も電力を消費する「鮮やか」になっている場合が多いので、これを「標準」や「おまかせ」にするだけでグッと節電に

1