1. まとめトップ

“医師”国家試験に落ちた人の末路

憧れの職業である、お医者さん。でも医学部卒で、医師国家試験に落ちた場合はどうするのか、ふと疑問に思ったのでまとめてみました。

更新日: 2013年05月17日

churaraさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
18 お気に入り 367927 view
お気に入り追加

医師国家試験とは?

国家資格の一つである医師免許を取得するための国家試験。

医師国家試験の合格率は殆どの大学医学部で90パーセント前後

ほぼ9割が受かる合格率の高い試験です。

ということは、逆に10%の人は不合格??

医学部を卒業してますが国家試験に合格できない人がいます。多分、この先合格できないと思われます。

医学部に入学さえすれば、医師になるという保証はどこにもありません。

医学部は、卒業しても医師以外に特になる職業がない

医学部卒だけでは、何も意味ありません。直接医療現場ではなくて、行政、研究であっても医療関係の仕事はありません。できません。

国家試験は、落ちたら死に等しい試験である。通らなければ医者にはなれないのである。通れば医者だが、落ちれば、ただの人か、みじめな国試浪人生である。

そのため、受験生は皆、死にもの狂いで勉強している。その受験生を確実に10%以上、落とすのだから、厳しい試験と言わざるを得ない。試験は生死をわける試験なのである。

不合格なら「国家試験浪人」という道があります

不幸にして苦杯をなめた人の中には、自宅で浪人したり、大学の医局の隅に勉強場所をもらってそこで勉強したりする人も居ますが、多くは、国家試験予備校に通います。

ただし年々難易度が増しているので最初の2-3年で受からないと厳しいです。

「医師国家試験」合格のための予備校がある!?

医師国家試験の合格を目標として、週5日、午前10時から通学して学習するコースです。

午前中から勉強を始めることで、正しい生活リズムをつくり、効率的に10ヶ月間を過ごすことができます。

今日、予備校説明会に行き、入会しました。

国家試験を通らないと、医学部に行った意味はほぼ「0%」です。何年もかかっても、試験をうけ続けるだけです。

<備考>少数ですが、医師とは別の進路も・・・

医師国家試験予備校のお手伝い

医学知識が一般の人よりはあるのがメリットになります。模擬試験やテキストの校正とか。ただしアルバイトです。

IT系企業に就職、あるいはIT系独立

医学部と言ってもピンキリなので、もともと偏差値の高い大学の人は賢いのでIT系就職が多く、そうでないひとは・・・結構悲惨です。

大病院グループの理事長の子息なら,理事とかの立場になれるかも

親のスネかじり的な。

とにかく、医師国家試験に合格しないと始まらない

苦労して紆余曲折した人の方が、患者さん思いで、親身になってくれて人間性が豊かな人が多いと僕の経験上思います。

国試は、真面目に勉強していれば、通る試験である。

何度“不合格”になろうと、一度合格すれば「医師」ですからね

1





churaraさん