毎月の返済金額(ミニマムペイメント)が変わらないので、実質的な借金を負っているという実感が薄れてしまうのです。その結果として、借入金額が思いのほか膨れがちです。借入額が増えると、当然ながら返済期間も長くなり、そうすると利息の支払いも増えます。実はクレジットカード会社はそこが狙いなのです。
返済期間が長くなれば利息がどんどん増え、クレジットカード会社の利益は増えます。だからクレジットカード会社は積極的にリボルビング払いを会員に勧めます。会員も、返済額固定されて、いくらでも買物ができるという錯覚に陥り、クレジットカードの会社に口車に乗ってしまう。これがリボルビング払いの実態なのです。

出典リボルビング払いのメリット・デメリット|使い方

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

《リボ払い》で返済地獄!!《リボルビング払い》は危険?

クレジットカードを使うときつい「リボ払い」にしていませんか?いろんな特典があるからといって「リボ払い専用カード」なんて使っていませんか?リボ払い(正確にはリボルビング払い)を正確な知識無く利用するのはとても危険です!

このまとめを見る