1. まとめトップ

【平壌】北朝鮮 旅行情報【行き方・写真・費用等まとめ】

2012年8月に北朝鮮(平壌)に比較的お安く行ってみた!というわけで、写真をたくさんアップして、それに説明を加える形でまとめを書いてみました。行ってきた方法や、かかった費用についても書いてあります。

更新日: 2015年06月30日

20 お気に入り 1310817 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kdi37さん

北朝鮮への行き方

一番安く済むのは、中国の旅行会社の北朝鮮ツアーへの参加だと思います。
日本人が参加できるようなものは中国人以外向けなので、旅行会社とのやりとりは英語でOKです。
個人旅行はビザが出ないと思うので厳しいかと…

自分はネットで北京の旅行会社を見つけたので、北京から行きました。
日本人はたしか7人で、同じにグループには他にマレーシアやシンガポールからの人がいたかと。

まず北京へ

ここからすでに北朝鮮のグッズを売っています(笑)
ここで前日説明会があったので北京に前泊必須でした。

JS252に乗ります。
オフィスに集合してからバスで向かいました。

「北朝鮮旅行で一番危ないことは、飛行機が落ちるかもしれないこと」という噂(笑)
ロシア製のツポレフというものだそうです。

北朝鮮の音楽が流れています。座席はレザー。
写真撮ったら注意されましたw

携帯電話は旅行会社の人に回収されました。

まさかのカレー。味も意外と普通w
機内食ひどいと聞いていたのですが…
まぁ行きのはMade in Chinaですね、おそらく。

ついに北朝鮮へ

入国審査はカメラのGPSをチェックされたこと以外にはとくに変わったことは無し。
すぐにマスゲーム会場に向かいます。

本当にすごい。一生に一度は生で観ることをお勧めします。

奮発して150ユーロの席にしてしまいましたw
が、それだけ出す価値はありました。
ちなみに一番安い席で80ユーロです。

外国人観光客はみんな高級ホテルに通される模様。
見栄ですかね…

あまり人は居ませんでしたが、ディーラーの女性はちゃんといました。

窓から川(大同江/テドンガン)が見えます。
基本は2人部屋だと思います。

ライトアップされた橋と主体タワーが見えます。
日が変わるぐらいまではライトアップされていました。

地ビール。味は普通かなぁ。
ホテルでの夕食で飲むことができました。

個人的にはこの麻婆豆腐が北朝鮮の食事の中で一番好きでした。
オムレツもシェフが目の前で焼いてくれて、おいしかったです。

前の写真のズーム版。
当時は建設中でしたが…

2日目 - 平壌市内観光

1 2 3 4