1. まとめトップ

【野球】世界の歴代最高の打者ベスト40に日本人は何人?

「記録より記憶」の言葉にもあるように、最高の打者を決めるのは容易ではありませんが、ここでは打率や本塁打数、あるいは出塁率や長打率よりも得点との相関が高いと証明されているOPSを指標に用いて、日米韓のプロ野球の打者を対象に生涯OPSランキングを調べてみました。

更新日: 2018年04月26日

13 お気に入り 826807 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ekizoさん

通算OPSで見るベスト40

OPS(オーピーエス)は On-base plus slugging の略であり、野球において打者を評価する指標の1つ。

得点との相関関係の強さと簡単な算出方法により、メジャーリーグでは打者成績の公式記録に採用されている。メリットは、比較的簡単に求まる数値でありながら、得点との相関性が高い点にある。

日本プロ野球でもその相関関係の強さが証明されて(いる。)

H:安打
BB:四球
HBP:死球
AB:打数
SF:犠飛
TB:塁打

※2012年終了時の記録。4000打数以上、日米韓のいずれかのプロリーグでプレイした選手が対象。二国以上でプレイした選手はその通算記録。

★ まずは、意外にも選外の選手たち

OPSの低い順です。

通算OPS、0.8644。
※日本プロ野球歴代1位の通算打率(0.320)。

キム・ドンジュ。
通算OPS、0.928。
現役。
※韓国プロ野球選手の次点。

出典sabr.org

通算OPS、0.9285。
※MLBの通算本塁打王。

通算OPS、0.930。
現役。
※日本プロ野球選手の次点。

通算OPS、0.9311。
現役。
※MLB選手の次点。

通算OPS、1.018。
※世界歴代8位に相当するすごい記録だが、いかんせんキャリアが短かった(通算打数2533)。

★ では、ベスト40!

1 2 3