1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

花巻(岩手)で宮沢賢治の世界にどっぷり浸ろう!

2013年は宮沢賢治没後80年。賢治の暮らした花巻の町には、賢治作品の題材やモデルとなった場所、賢治にまつわるスポットがたくさんあります。『銀河鉄道の夜』、『注文の多い料理店』など一度はふれたことがある賢治の作品の世界をのぞくことができるかも。賢治が大好きな人も、そんなに知らない人も楽しめそう^^

更新日: 2016年10月21日

351 お気に入り 201050 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CuteMonsterさん

宮沢賢治童話村

宮沢賢治童話村は、今にもジョバンニや又三郎、山猫がでてきそうな賢治童話の世界で楽しく遊ぶ「楽習」施設。「銀河ステーション」、「銀河ステーション広場」、「妖精の小径」、「天空の広場」、「山野草園」、「賢治の学校」があります。ログハウス展示施設「賢治の教室」では、賢治童話に出てくる動植物について楽しく学ぶことができます。
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/sightseeing/dowamura/

賢治の学校の中にあります。
「賢治の椅子」が置かれた空間。映像や効果音を使って、イーハトーブの風景から賢治の人となりや童話の代表作などを紹介してくれます。いわば賢治の世界へと向かうプロローグの場として設定されています。

宮沢賢治記念館

詩や童話、教育、農業、科学と多彩な活動を繰り広げた賢治の世界に親しんでもらうための施設です。
愛用のチェロや、自筆原稿など賢治ゆかりのものの展示のほか、ビデオやスライド、図書資料などで賢治宇宙にアプローチすることができます。
http://www.jalan.net/kankou/030000/030500/spt_03205cc3290030848/

宮沢賢治記念館の駐車場にあります。
入口には「どなたもどうかお入りください。決して遠慮はありません」などといった注文の多い料理店の原作と同じ看板がむかえてくれます。
メニューはというと、西洋料理というよりは郷土食の強いメニューが多く、イーハトーブ定食、山猫がゆといった賢治の童話にちなんだメニュー名がつけられているものもあります。
http://www14.ocn.ne.jp/~waildcat/yamanektenpo.htm

羅須地人協会

宮沢賢治が青年や篤農家を集めて稲作法や農民芸術論などを講義するために設立した私塾。あるいはその目的で使用された宮沢家の住宅建物です。現在、花巻農業高校内に移築復元されています。 (空港からすぐの場所です)
http://www2.iwate-ed.jp/hka-h/kenjiPDF.pdf

イギリス海岸

北上川西岸に、イギリスのドーバー海峡に面した白亜の海岸を連想させる泥岩層が露出することにちなみ、宮沢賢治が名付けた岸辺です。いろいろな作品にも登場するスポットです。
現在では、北上川の水位が特に下がった時期だけ泥岩層が露出します。
http://www.kanko-hanamaki.ne.jp/sightseeing/ihatov/igirisu/

イギリス海岸の最寄のバス停。
賢治の小説「銀河鉄道の夜」の中に実際に出てくる停車場の名前で、主人公のジョバンニとカムパネルラは、この停車場を降りて、「プリオシン海岸」へと向かいます。

イギリス海岸を見渡すところにあります。
お茶の無料サービスがあります。

上のくるみの森で貸出しています。(黒い帽子とマント、大きなカバンの3点セット)
これを着て、月夜のでんしんばしらをバックに賢治になったつもりで記念撮影をすることができます。

宮沢賢治イーハトーブ館

宮沢賢治に関するさまざまなジャンルの芸術作品、研究論文を数多く収集し分かりやすく整理したものを一般に公開している。
入館料は無料なので、気軽に入ることができます。
売店では賢治の作品集や研究書などの書籍や賢治に関する様々な商品を扱っています。また大きなガラス面のコーナーに喫茶席が用意され、くつろいだ雰囲気で休憩することができます。
http://www.kenji.gr.jp/office.html

他にも楽しそうな賢治スポットが色々

ここは元花巻農学校(現在の岩手県立花巻農業高等学校)の跡地です。宮沢賢治が教壇に立った由緒ある場所です。
公園内にはいたるところに、風の又三郎など宮沢賢治に関係したモニュメントがあります。
ぎんどろとはドロ柳(ドロノキ)のこと。賢治はこの樹が好きでした。
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/bkkaikan/syuuhen/gindoro.htm

宮沢賢治の作品『銀河鉄道の夜』を題材にした壁画。日が落ちると、蛍光塗料で描かれた絵が浮かび上がって見えます。
http://www.iwatetabi.jp/spot/detail/03209/449.html

賢治の弟のお孫さんが経営しているお店。1階は宮沢賢治関係のグッズを扱っているお店で2Fがカフェになっています。一番人気は「注文の多いロールケーキ」のセット。
http://www.e-haweb.com/home/rinpoosha/

賢治スイーツ

米粉100%のロールケーキ。
賢治の弟のお孫さんが命名したとのことで、林風舎の喫茶店でもいただくことができます。
ゴーシュのサブレも評判です。
http://www.i-hatov.com/tanaka.html

イギリス海岸をイメージして作られた、花巻土産のお菓子。外側がかりっとしています。
http://www.bruggeprius.jp/

宮沢賢治の名作童話「よだかの星」にちなんだ銘菓です。
ごまの入った薄地のかりんとうに黒蜜を塗っています。
パリパリさくさくのお菓子で人気があるようです。

「雨ニモマケズ」の詩を刻んだ直径15cmもある巨大なもなか。こしあんと白あんが入っています。
宮澤家に承諾を得て販売を開始し、昭和30年(1955年)創業の頃から変わってないようです。
賢治の名前を使ったお土産の元祖のお店。
この巨大最中以外にも、賢治の名前がついたお菓子がいろいろあります。
http://www.kenjimonakahonpo.jp/Kenjimonakahonpo/top.html

賢治巡りに行くならはずせないグルメ!

「わんこそば」は花巻が発祥と言われています。
特にやぶ屋は宮沢賢治も通い、天ぷらそばとサイダーをいつも注文したとか。
http://yabuya.jp/

参考リンク

1





このまとめへのコメント1

  • この投稿は現在表示することができません。

1