当麻鍾乳洞

当麻鍾乳洞

二頭の龍が休んでいるように見える当麻鍾乳洞は、実は当麻の守り神であるという大昔から伝わる伝説がある。

このあたり一帯が「ト・オマ」と呼ばれていた頃は、雲の中から突然2頭の夫婦龍が現れ、大空を飛んだり、またある時には大地を駆け回ったりしていており、この龍神が休む所が当麻鍾乳洞(蝦夷蟠龍洞)と伝えられている。

この情報が含まれているまとめはこちら

日本全国パワースポット巡り【北海道編】

パワースポットとは、心身を癒す助けとなる精神的なエネルギーに満ちた聖地、全国のパワースポット探ってみました北海道編です。

このまとめを見る