モノトーンの連作絵画である。この連作はニューマンが心臓発作から回復してすぐに制作されたもので、一般にはニューマンの画業の頂点を示すものとして認識されている。この連作は「レマ・サバクタニ(なぜ我を見捨て給う)」という副題がつけられている。十字架上のキリストが叫んだ言葉である。ニューマンはこの言葉が、彼の時代にとって普遍的な重要性を備えていると感じていた。

出典バーネット・ニューマン - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

直線一本が44億円!?バーネット・ニューマンの絵が超高額で落札

バーネット・ニューマンの現代アートが超高額で落札されました。

このまとめを見る