1. まとめトップ

利き脳片づけ☆自分の脳タイプがわかれば片づけられる!

どんなに片づけても何かうまくいかない・・・そんな人は、実は自分の脳タイプに合わない片づけをしているのかも。ライフオーガナイザー直伝の利き脳片づけ術をまとめてみました。

更新日: 2014年06月13日

minomamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
301 お気に入り 365854 view
お気に入り追加

利き脳とは?

脳には右脳、左脳があり、それぞれ得意分野が違う

アメリカの神経心理学者・ロジャー・スペリー博士の研究でわかりました

脳の成長は経験によって左右されます。
2~3歳まではすべてが新しい経験ですが、自我が生まれるにつれ、自分にとってよい刺激と悪い刺激に選別しはじめ、利き脳が作られていきます。

自分の利き脳はどっち?利き脳チェックしてみましょう

指組みも腕組みも意識せずに自然に行います。

指組みでわかるのが、目や耳で見聞きした情報を脳に送り込む「インプット」の利き脳です。

両手の指を組んでみて、組んだ時に親指が下にきた方の手はどちらですか?
右手なら「右脳タイプ」
左手なら「左脳タイプ」

腕組みでわかるのが、情報を脳から取り出して言葉や行動で表現する「アウトプット」の利き脳です。

両腕を組んでみて、組んだ時に下になる手(胸に近い手)はどちらですか?
右手であれば「右脳タイプ」
左手であれば「左脳タイプ」

利き脳はわかりましたか?

あなたの脳タイプは?

A:右右脳タイプ
      下になる指が右/下になる腕が右

B:右左脳タイプ
      下になる指が右/下になる腕が左

C:左左脳タイプ
      下になる指が左/下になる腕が左

D:左右脳タイプ
      下になる指が左/下になる腕が右

脳タイプ別の特徴

A:『右右脳タイプ』は、超感覚派。直感とひらめきで行動し、物事を判断するときも感覚や感情を重視する。このタイプの人は、使ったあと元の場所に戻すのが苦手。モノの出し入れの際、動作が多すぎると面倒臭くなってしまう。結果、モノを片づけず、出しっぱなしにして使うことが多い。また、感情を重視するので思い入れが強く、モノを捨てるのも苦手だ。

B:『右左脳タイプ』は、完璧主義が多く、ひとつうまくいかないと、途端にやる気がなくなってしまう極端な面の持ち主だ。このタイプの人は、やりだすと細かいところまでこだわるが、途中で時間がなくなったり、収納グッズが足りなくなったりすると、途端にやる気ゼロに。毎日コツコツと続けるのも苦手で、そのまま際限なく散らかってしまう。

C:『左左脳タイプ』は、真面目なコツコツ型。物事を細かく考えるのが得意で、従来型の片づけにいちばん向いている。このタイプの人は、合理性を追及するあまり、本当は必要なものまで捨ててしまい、あとで買い直すハメになる場合も。また空間管理が苦手で、大きなスペースを有効活用するのが不得意だ。

D:『左右脳タイプ』は、独自の基準を持った人が多く、発想や行動も個性的。このタイプの人は、難しく考えてしまい、なかなか片づけが進まない。モノへのこだわりが強く、優先順位をつけにくいので収納の仕方を決めることができず、片づけを始められない。また、興味のないモノはしまいこむと忘れてしまう傾向がある。

A:右右脳タイプの片づけ術

モノを【元の場所に戻す】ことが苦手なので、ワンアクションで、視覚的に見やすくする収納する方法が合っています。

右右脳はかごにざっくりしまうのが得意なので
こんな風にパッとみてわかる、さっと出せる収納が
あっています。

・使うものは、使う場所の最短距離にしまう。
・出しっぱなしにするものは、ルックス重視で選ぶ
・片づけタイムはタイマーを使ってゲーム感覚で
・半透明の中身がわかる素材のツールが良い

見せる収納の場合、絶対に容器に妥協してはダメ。見た目を重視して自分の好きなものを。
ただし、中身はざっくりとでOK!

B:右左脳タイプの片づけ術

『まず計画を立ててから作業を始める』ことを心がけよう。片づけ始める前に計画を立て、必要な収納グッズをそろえてから一気にやる。こだわるのは見えるところだけにし、引出しの中などは簡単にすませるとやり通すことができる。ビジュアル重視なので、中身の見えない箱を使うほうがゴチャゴチャした感じは出ない。

出典ameblo.jp

ライフオーガナイザーの小林さんのリビング。
脳タイプを知る前の状態です。

出典ameblo.jp

自分の脳タイプがわかって、自分の好きなダークブラウンで収納をそろえたらスッキリしたそうです。

C:左左脳タイプの片づけ術

細かく分類して効率的にすること。
細かい仕切りのついたケースを利用したらいい。

左左脳タイプが片づけられないのは時間がないことが原因。
「仕切られていない、決められていない空間」を作らないで
すぐに片づけられる場所を確保するといいです。

さいたま市初のライフオーガナイザー山口さんの洗面台。
引き出しやボックスには丁寧なラベリングが。
左左脳タイプの収納はこれが1番。

・捨てすぎることがあるので注意
・迷ったら仕切る!
・効率を上げるためのラベリング
・リストで在庫管理を徹底する
・使用頻度順に使う場所の近くに配置

D:左右脳タイプの片づけ術

細かい分類や煩雑な作業が苦手なので、マイルールで簡単に収納する方法がべスト!ざっくり収納や、出しっぱなし、吊り下げ収納も有効です。

出典ameblo.jp

ライフオーガナイザーのかわさき真知さん。
左右脳タイプです。
左右脳タイプは適正量決めるのがおすすめ。
マスクもここに収まるだけを収納されてるそうです。

1 2





minomamaさん



  • 話題の動画をまとめよう