1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

【一人暮らし向け】スタイル別インテリアコーディネート実例集

ワングレード上のお部屋に引っ越しをするので、ちょいとインテリアコーディネートについて下調べ。一人暮らしのワンルームといっても、レイアウトや色使い次第で無限の演出が可能のようです。資格があるくらいなので色使いはなんとなく想像できましたが、スタイルなんかも意外に体系化されているのですね。奥が深い。

更新日: 2013年10月02日

1552 お気に入り 211199 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

hitonamiさん

§モダンスタイル

モノトーンの色使いや、シャープなラインのスチール、ガラス素材をポイントに使ったインテリアなど、モダンスタイルは無駄な装飾を省いたクールでスタイリッシュな雰囲気が持ち味です。

すっきりとしたデザインの家具で構成していくのが特徴です。加えて、デザインや置くものの数だけでなく、使用されるカラーの数も最小限に抑えていく。

革・メタル・ガラスなどの素材を用いたモノトーンで統一感を。少し冷たい印象の緊張感のある物が良い。デザイナーの家具もおすすめ。

家具は、シンプルで高級感の有り、斬新なデザインや色の家具を選んでください。色調はモノストーンがベースで、値段は高いですが、イタリアン・デザイナーズ家具などもよく合うとおもいます。

白だけ並べるとどうしても、ぼやけた印象になってしまいます。そこで、ダークブラウンやグレーののラグを視界の下方(床)に置くことで、コントラストがつきメリハリのある締まったお部屋の印象を実現します。

§ナチュラルスタイル

木目のまま生かした明るい色調の家具を選びましょう。観葉植物なども必要だと思います。
個性が無くなる可能性もありますが、無理に個性を出そうとしてはいけません。

パインやオークなどの天然素材感のある物を。クロスも自然色で柄など無いものが良い。

ナチュラルスタイルは、自然素材である木の質感と生成りやベージュ、アイボリーといった色調を基調とした明るくて癒される空間である

奇抜な装飾や色は使わずに、すっきりとした直線や曲線を基調にし全体的に淡いトーンでまとめて、流行に左右されないナチュラル【自然】なコーディネートです。

収納だけでなく、ソファのフレームなどにも木の素材を用いるとぐっとナチュラルのテイスト感が引き立ちます。

§シンプルスタイル

シンプルを直訳すると「飾り気のない、単純なさま」という意味です。この意味の通りシンプルスタイルの部屋は飾り気のない、家具のデザインも曲線を使わない、というのが特徴です。

角にPCデスクを斜め配置。ちょっとオフィスっぽい。

合板やプラスチック、スチールなどの現代的な素材を使い、洗練されたフォーマルで飽きのこないスタイルです。

あまり多くの家具を置かず、最小限にとどめ、シンプルで飽きのこない空間をつくりましょう。

1 2





このまとめへのコメント1

  • style2100さん|2013.12.09

    色んなお部屋見れて楽しいです♪ありがとうございます。
    下記にも参考になりそうなお部屋ありました。お役にたれてば幸いです^^
    http://interior-suki.com/

1