韓国のテレビ局JTBCによると、導入された拡声器は10キロまで音が届くことになっていたが、陸軍が昨年調査を行った結果、5キロしか届かないことがわかったというのだ。無人の非武装地帯を除いて考えると、北朝鮮領の1キロ範囲にしか音が届いていないことになる。多額の予算を費やしながら、想定した効果が得られていないということだ。

韓国の「防産非理」(軍と軍需関連産業の汚職)は極めて根が深く、海軍艦艇に軍用ソナーではなく魚群探知機が積まれていた、などという話まである。

出典「聞こえない拡声器」で対北朝鮮放送を続けていた韓国軍(高英起) - 個人 - Yahoo!ニュース

前へ 次へ