1. まとめトップ

レトロ好きにはたまらない!超小型の電気自動車「Miluira」がレトロ可愛すぎる

レトロでおもちゃのような小型電気自動車「Miluira」の魅力をまとめてみました。

更新日: 2013年05月23日

350 お気に入り 83138 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

parsley0922さん

「Miluira」

まるでチョコレートのようなレトロ可愛さ。
おもちゃのような小型電気自動車。

街を走れば注目の的!?

ななめ後ろからの写真。
デザインのカッコよさが伝わってきます。

こんな可愛い車が、停車してたら触りたくなる!?

「miluira」と書いて「ミルイラ」と読む。
浜松を含む遠州地方の方言「みるい」と「ら」を繋げた造語が、名前の由来。

コンセプトは「ニュークラシカル」。外観やフレームなどをレトロな雰囲気に仕上げた。

こちらは、走行中の写真。

あまりのレトロ可愛さに
思わず目が行ってしまいます。

細部にいたる「ニュークラシカル」な雰囲気を出すこだわり部分

車のハンドル部分。

中央にある真鍮製のエンブレムと、
光沢のある、美しい木調のデザインがカッコよすぎる。

シフトレバーも木調です。ニュークラシカル。

驚くべきことに、
木目部分は全て本物の木材を加工しています。

プリントではありません(!)

こんな自動車なら乗るたびに
テンションが上がりそうです。

座席部分は、まるで高級ソファのよう

後部のデザインにも木調を取り入れ、
細かいところまで凝ってます。

正面のグリルは、レトロ感のある唐草模様。

これも、ひとつひとつ手作りです。

グリル部分を作製中の写真。
こんな風に作られてます。スゴイ。

色は、ワイン色・ブラック色・紺色があります。

迷ったあげく、
おもちゃのように全色揃えたくなる可愛らしさ。

小さいけどパワフル!家庭用電源で充電可能

小さすぎて遊園地のゴーカートみたい!?走行中の動画はこちら

これで高速道路を走行するのは、ちょっと怖さがあります…(^_^;)でも可愛い。

気になるお値段は、1台630万円

「君、すごい車に乗ってるねえ」
「えへっ/// あざーすっ」

本当、良いデザインです。

街を走行中の写真。

1 2