1. まとめトップ
  2. 雑学

駄菓子屋さんってもうかるの?

最近はめっきり少なくなった駄菓子屋さん。子供のころ一度は行ったことがあるのではないでしょうか。でも、10円や20円のお菓子ばかりで、商売としてやっていけるんでしょうか?

更新日: 2013年05月22日

208 お気に入り 171914 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

gurugurunekoさん

駄菓子屋さんの利益はどのくらい?

10円のお菓子を一点販売すると、お店に残る粗利益はおよそ1~2円だそうです。

人件費など考慮するとまず利益はありません。

800人の生徒が300円/月消費するという想定で、36000 円/月の利益になると計算されています。

バブルのころは、売り上げが多い日で2万円から3万円あったけど、今は多い日でも3千円から4千円くらいかな。利益で言ったら、今は千円いかないよ。

実際、やはり利益は出ないんですね。

それで、どうしてやっていけるの?

駄菓子屋だけでやってくのは難しいと思う。ウチだと、クリーニングや宅配便をやったり、自動販売機を置いてるでしょ。

例えば、私の近所に昔あった駄菓子屋は和菓子屋の一部でした。また、隣の学区にある駄菓子屋は学校給食用に牛乳を卸している牛乳屋が本業です。私も駄菓子屋カフェのオーナーではなく、割烹料理店の若主人という本業があります。

なるほど、ほかの商売と兼業なんですね。
「駄菓子以外の儲けのからくりを作り上げる」がポイントとのこと。

子供と話すのを楽しんでるおばあちゃんとか、子供が好きな人が多いんじゃないかな。そうじゃなきゃ、儲からないんだからやっていけないよ

おばあちゃんに、それだけ長く続けられる秘訣を聞くと、
「わたしゃ子供が大好きでねぇ。逆に子供から元気をもらっているんだよ」と、笑顔で答えてくれました。

「駄菓子屋が好き」という理由で続けている方も。

現代の駄菓子屋業界は?

駄菓子の販路に関しては、インターネットでの通信販売をはじめとして、大型ショッピングセンター、コンビニに至るまで、多様化している。

みなさんご存知の通り、いまではどこでも駄菓子が買えてしまいます。

駄菓子詰め合わせ通販、駄菓子食べ放題の駄菓子バーなんてものまで!

ところで駄菓子屋っていつごろからあるものなの?

明治・大正の時代から度々文学作品などにも登場している

なんと!そんな昔からあったんですね。

駄菓子屋を研究した論文も発表されていました。

駄菓子屋はさまざまな教育的機能を有しており、地域の教育力の一翼を十分に担える存在として評価されるべきものである。

むかしながらの駄菓子屋さんも、なんとか残ってほしいものです。

関連リンク

1