1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ビジネス文書は「です・ます」調で統一するのが基本ですが、「である」調を使う場合もあります。 「です・ます」調と「である」調を混同させてはいけません。

ビジネス文書に使われる敬語は、次の3つに分類されます。

尊敬語
話題中の動作や状態の主体が話者よりも
上位である場合に使われます。

謙譲語
話題中の動作の受け手が話題中の動作の主体よりも
上位であることを表す語として使われます。

丁寧語
聞き手が話し手よりも上位であることを表す
語尾の「です」「ます」「ございます」など

1