1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【マンゴーだけじゃない】こんなにある!最近のめずらしいフルーツ【あふれる果汁】

SMA Station!でフルーツ特集をやっていたのを見て、作ってみました。

更新日: 2013年05月21日

794 お気に入り 112191 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

まずは定番

スナックパインの名前の由来は手でちぎって食べられるので、スナック菓子のように食べれるパイナップルという事で「スナックパイン」と呼ばれているんですよ。

ちぎって食べて、ちぎって食べて、あっという間に完食です!

果実自体は甘くないが、次に食べた物を甘く感じさせる特徴を持つ。

レモンが甘く感じます!

そのまま果肉をスプーンを使い、掻き出して食べる。種は噛まずに喉ごしを楽しむ人々も多い。

タピオカみたいな食感なんですかね?食べたことないんで分からないです

果肉は白もしくは赤いゼリー状で豊富な果汁を含んでおり、一面に胡麻粒のような黒い種子がある。この種子は取り除かずに果肉ごと食べられるため、果肉を食べたときにキウイフルーツと同じようなショリショリとした食感がある。

キウイの種を食べた食感はショリショリというんだそうだ

小っちゃくてカワイイ

このベビーキウイ、なんと洗えば皮まで一緒に食べることができます。キウイフルーツの一般的な食べ方は、半分にカットし、中の果実をスプーンなどですくって食べる感じだと思うのですが、このベビーキウイに関しては、表面をしっかり洗えば、そのまま口に放りこむだけでOK。

外人はふつーのキウイも皮ごと食べたりしますけどね

「ふじ」の4分の1から5分の1の大きさで、手軽に皮ごと丸かじりできるサイズです。

ふじにスモールライトを当てた感じ

近年に人気の出てきた糖度も高く、シャリ感もある小玉すいかです。
大玉のすいかより小さいのでそのまま冷蔵庫にも入る?と思います。

スイカバー食べなくなってきた…

見た目と違って…

本当に桃の香りがして、桃を食べている気分です。芯も柔らかいので、芯も食べられます

桃を食べればいいじゃん!って言うつっこみはなしですよ

皮をむかずにそのまま食べます。梨をもっと淡白にしたような味。水分が多くシャリシャリしています。のどの渇きをいやすのにもってこいです。

アップルと言うよりパプリカっぽい。ローズパプリカの名前では売れないか、、、

張りのある果実を噛むと薄い皮がプチンッとはじけて、果汁がジュゥワーッと口いっぱい溢れ出てきます。食感はプチトマトに似ています。味わいはトマトやブドウに似たフレッシュな酸味の後に、マンゴーやパイナップルに似ているトロピカルな甘さを感じます。

口を開けたまま食べると、服を汚すことになること必至ですね

パパイヤメロンはスペインから導入されたと言われるノーネット系メロンです。表面の色合いがパパイヤに似ていることからパパイヤメロンと名付けられたそうです。

スイカっぽくもあるような…

これは調理用バナナの「ツンドク」です。生食できないので、スライスして素揚げにしてみることに。塩をかけるとポテトフライ、砂糖をまぶすと大学芋風な味わいになりました。

大学芋レシピはよさそう

この初恋の香りは、見ためは熟していないようで食べてみると甘みが強く、あまりのインパクトに商品化しようという動きになりました

一粒500円でも、初恋の香りを思い出せるなら安いモノですよね!違うか

結構めずらしい

1 2