1. まとめトップ

【ミラクルジャイアンツ】童夢くん魔球まとめ【小学生のプロ野球選手】

『ミラクルジャイアンツ童夢くん』(ミラクルジャイアンツどうむくん)は、原作:石ノ森章太郎による日本の漫画作品。テレビアニメ化されて、1989年4月2日から1990年3月25日まで、日本テレビ製作・日本テレビ系列で放映された。全49話。

更新日: 2013年06月01日

2 お気に入り 28673 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zumishiさん

①スノーミラージュボール

ドーム球場の空調によってできた気流によってボールを垂直に急上昇させることで、打者はボールが消えたと錯覚する。

落合に打たれる。

②レインボースパークボール

フォークの握りからアンダースローで横の回転をかけることで、ボールがフラッシュしながら7個に分裂したかのように飛んでいくというもの。

東京ドームの独特な空調&ライトによる空気密度の変化&光の屈折があってこそ可能である。

この魔球によって20連続以上の三振を奪った。

③サンダーバキュームボール

180 - 270km/hもの速度を誇る超剛速球。

中畑の案をヒントに、夢の島で猛特訓を重ねて編み出した。

上体をのけ反らせた反動を利用して球速を上げるのが狙いだったが、そこに左脚を振り下ろすことで真空を作り出し、空気圧の差で球を押し出すという加速手段を加えることで完成した。

④ハイパースピンブラックホールボール

ボールに強烈な回転を与える事で小型のブラックホールを発生させ、ボールに凄まじい球威を与え、更にブラックホールの吸引力でバッターに強制的にバットを振らせて凡打に打ち取る魔球。

バントに弱い

1