1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

higuchi3003さん

京急のシンボルがなくなる

京急電鉄2100形や新1000形などが発車する際に「ファ、ソ、ラ、シ、ド、レ、ミ……」と奏でられる「歌う電車」が、数年後になくなる模様

あの音はインバーターから出ている

モーターに流れる電流を制御するインバーターは発車時に騒音が出るが、開発者が遊び心でこれにメロディーも流れるようにした

JR東日本のE501系電車や、京浜急行の2100系電車が使用しているシーメンス製インバーター制御装置が該当する

くるりの「赤い電車」に出てくる

京急のあの音はわざとついていたものだったのね。偶然の業かとおもっていた。 ドレミファ、だとわかりやすいけれど、くるりの曲により、あれは(おそらく)ファーソラシドレミファー、の音階と知った。

新しいインバーターは音がでない

技術の進歩でインバーターの騒音を消せるようになったため、「ドレミファインバーター」もお払い箱になるのだ

歌う電車は最も多いときには19本あったが、現在は10本に減っている。これが今年度中には8本になり、数年後にはなくなる

近年のVVVF(IGBT)はそれ以前のもの(GTO、ドレミファインバータも含む)より静粛性が格段にアップしています。あえて音を出す必要はありません

1