1. まとめトップ

【こんなの】フルメタルボディ! HTC J ONE HTL22【はじめてーーーー(*´艸`*)】

KDDIは5月20日、HTC製スマートフォン「HTC J ONE HTL22」を発表しました。4.7インチフルHD液晶、クアッドコアCPU、そしてひと目でそれとわかる全面に金属を使用したフルメタルボディが特徴です。こんなの、はじめて(*´艸`*)

更新日: 2013年05月20日

6 お気に入り 8131 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

taifuu01さん

HTC J ONE HTL22

KDDIは20日、HTC製スマートフォン「HTC J one HTL22」を発表しました。4.7インチ・フル解像度(1920×1080ドット)ディスプレイとクアッドコアプロセッサ・2300mAhバッテリーを搭載し、アルミボディを採用した端末で、6月上旬以降に発売を予定しています。

外観は、本体のほぼ全面に金属を使用したフルメタルボディが大きな特長で、従来のスマートフォンにはない質感を目指した。ボディカラーはホワイトメタルとブラックメタル。

機能面で特に注力したのがカメラだ。「Ultra Pixel」と呼ぶ新しいCMOSセンサーは、画素数を400万に抑えたことで、1つの画素に、よりたくさんの光を取り込めるようになった。センサーサイズは1300万画素のそれと同等ながら、400万画素センサーの画素サイズは、1300万画素センサーの画素と比べて約3倍の大きさになるため、取り込む光の量も1300万画素センサーと比べて約3倍に向上。そしてノイズは50%抑えられるという。

本体前面(ディスプレイの上と下)にはステレオスピーカー「HTC BoomSound」を搭載したほか、これまではイヤフォン接続時にしか有効にならなかったBeats Audioのチューニングを、内蔵スピーカーにも採用した。このスピーカーには端末に最適化された独自アンプを内蔵しており、パワフルかつ音割れの少ないサウンドを楽しめる。

“J”の名が付くとおり、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信といった日本向け機能は備えているが、防水と防塵には対応しない。ディスプレイはフルHD表示(1080×1920ピクセル)対応の4.7インチで、468ppiという高いピクセル密度を誇る。プロセッサーはQualcommのSnapdragon 600 APQ8064T(1.7GHzクアッドコア)を採用した。メモリはROM(ストレージ)が32Gバイト、RAMが2Gバイト、外部メモリは最大64GバイトのmicroSDXCに対応する。

最大のアピールポイントがカメラである。リアカメラの画素数は約400万画素だが、これは1画素あたりの受光量を高める狙いがある。暗い場所でもキレイな写真が撮影でき、ファイルサイズも小さいためにSNSへのアップロードに最適である。

まず最初に手に取ってすぐ気づくのが、フルメタルボディーの剛性高すぎさです。薄型軽量と剛性感は反比例するもので、HTL22は薄さと軽さにおいて突出した存在ではないですが、ボディーの強固さは群を抜いています。つねに手のなかに握って使うスマートフォンに、質感の高さや所有感を満たすナニカを要求するのであれば、iPhone5よりも高いレベルでユーザーの期待に応えてくれるはずです。

カメラモードのひとつである“HTC Zoe”では、シャッターを押す1秒前から4秒間の20枚の写真と、3秒間のフルHD動画を1回のシャッターで撮影します。それらからベストな1枚を選べるのはもちろんのこと、“スマイルレタッチ”では写っている全員の笑顔を複数枚の写真から抽出し、全員が最高の笑顔の写真を生成できます。

 また“連続写真”では、多重露光による分解写真をこれまた手軽に生成できるわけです。

別売りオプションのHTC Mini、NFCでペアリング可。子機となるほか、カメラのシャッターになったり、音楽が聴けたり、メールがチェックできます。ただ、メールはCメールのみ

出典juggly.cn

HTC Nippon、「HTC J One HTL22」向けにキックスタンド付ケースやBluetooth子機など4種類の純正アクセサリーを販売

HTC J One mini 9,800円
HTC J One Hard Shell with Kickstand 3,675円
HTC J One Hard Shell Double Dip Flip 3,675円
HTC Battery Bar 9,000円

一目惚れした方も多いようで・・・

HTL22めっちゃ欲しくなって来たわwwwくっそwww

とは言えHTL22は買いますが。 次は再来年だろうけど、その時は防水機能を標準で搭載してくれるようになってて欲しいですね。HTCさん。

ちなみに・・・・

海外モデルには赤がある。
日本でも追加で出ませんかね~。

海外モデルは背面のBeats Audioのロゴが赤。
ワンポイントでアクセントになっていてかっこいいよ~!
いいなぁ・・・

1