出典 www.narakko.com

奈良公園

太政官布達により明治13年(1880年)2月14日開園。大部分が国有地で、奈良県が無償で借用し管理している。都市公園としての正式名称は「奈良県立都市公園 奈良公園」といい、総面積は502ヘクタール。周辺の興福寺、東大寺、春日大社、奈良国立博物館、なども含めると総面積はおよそ660ヘクタール(東西約4キロメートル、南北約2キロメートル)に及ぶ。通常はこの周辺社寺を含めたエリアを"奈良公園"と呼ぶ。

この情報が含まれているまとめはこちら

奈良県の旅行で行きたい定番の観光スポット

古都の奈良は、昔に都があった場所として、お寺や歴史的な建造物が沢山あります。

このまとめを見る