出典 plaza.rakuten.co.jp

東大寺二月堂

東大寺二月堂(とうだいじにがつどう)は、奈良県奈良市の東大寺にある、奈良時代(8世紀)創建の仏堂。現存する建物は1669年の再建で、日本の国宝に指定されている。奈良の早春の風物詩である「お水取り」の行事が行われる建物として知られる。「お水取り」は正式には修二会といい、8世紀から連綿と継続されている宗教行事である。二月堂は修二会の行事用の建物に特化した特異な空間構成をもち、17世紀の再建ながら、修二会の作法や習俗ともども、中世の雰囲気を色濃く残している。

この情報が含まれているまとめはこちら

奈良県の旅行で行きたい定番の観光スポット

古都の奈良は、昔に都があった場所として、お寺や歴史的な建造物が沢山あります。

このまとめを見る