出典 www.jguide.net

依水園

前園と後園の二つに分かれており、それぞれが異なった景観を見せる。前園は寛文12年(1673年)に晒職人であった清須美道清の作庭で、茶室「三秀亭」がシンボル。後園は明治時代に実業家関藤次郎が築いた築山式の池泉回遊式庭園で、作庭は裏千家十二世又妙斎宗室による。寧楽の都をモチーフとし、若草山や東大寺南大門などを借景とする。

この情報が含まれているまとめはこちら

奈良県の旅行で行きたい定番の観光スポット

古都の奈良は、昔に都があった場所として、お寺や歴史的な建造物が沢山あります。

このまとめを見る