出典 travel.biglobe.ne.jp

新薬師寺

新薬師寺(しんやくしじ)は、奈良市高畑町にある華厳宗の寺院である。本尊は薬師如来、開基(創立者)は光明皇后または聖武天皇と伝える。山号は日輪山(ただし、古代の寺院には山号はなく、後世に付したものである)。奈良時代には南都十大寺の1つに数えられ、平安時代以降は規模縮小したが、国宝の本堂や奈良時代の十二神将像をはじめ、多くの文化財を伝えている。

この情報が含まれているまとめはこちら

奈良県の旅行で行きたい定番の観光スポット

古都の奈良は、昔に都があった場所として、お寺や歴史的な建造物が沢山あります。

このまとめを見る