1. まとめトップ

静岡市の旅行で絶対に行きたい定番の観光スポットまとめ

静岡市の旅行に行ったら、絶対に行っておきたい観光地をまとめました。静岡では、特に富士山が有名ですが、そのほかにも沢山の旅行で行くべき観光地があります。

更新日: 2013年05月21日

160 お気に入り 211834 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nobuyuki5さん

1965年(昭和40年)、市政80周年記念事業として市立動物園建設構想が発表され、市内数カ所の候補地から最適の場所を決定しました。市民の反響も大きく、市内の児童生徒の「一円募金」をはじめとする市民の寄付が相次いで寄せられました。

薩埵峠(さったとうげ)は、静岡市清水区由比町にある峠である。東海道五十三次では由比宿と興津宿の間に位置する。ワードプロセッサーでは埵の字が変換できないため、薩堆峠の表記やカタカナでサッタ峠と表記する例が増えている。

久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)は、日本の静岡市駿河区根古屋に所在する神社である。

晩年を駿府で過ごした徳川家康が元和2年(1616年)に死去した後、遺命によってこの地に埋葬された。

神部神社・浅間神社・大歳御祖神社の三社からなり、「静岡浅間神社」は総称。三社はいずれも独立の神社として祭祀が行われている。式内社二社(神部神社・大歳御祖神社)、駿河国総社(神部神社)。

静岡県立美術館(しずおかけんりつびじゅつかん Shizuoka Prefectural Museum of Art)は静岡県静岡市駿河区にある美術館である。

清水港(しみずこう)は、静岡県静岡市清水区にある港湾。港湾管理者は静岡県。港湾法上の国際拠点港湾に指定され、また、中核国際港湾にも指定されている。さらに、港則法上の特定港にも指定されている。

1階は水族館、2階は海の科学館と魚ロボットたちが活躍する機械水族館になっている。水族館には熱帯の海から深海まで400種6,000尾の魚たちが泳ぐ。中でもエイやサメが悠々と泳ぐ10m四方、高さ6mの海洋水槽は圧巻。

三保の松原(みほのまつばら)は、静岡県静岡市清水区の三保半島にある景勝地。その美しさから、日本新三景・日本三大松原のひとつとされている。日本の白砂青松100選にも指定されている。

静岡市立芹沢銈介美術館は、わが国染色界の重鎮、芹沢銈介(せりざわけいすけ・1895~1984)より、郷里の静岡市に作品とコレクションが寄贈されたのを機に建設の運びとなりました。昭和56(1981)年の開館以来、様々な企画展示、作品の保存収集、調査研究を通して、芹沢の芸術を広く紹介し、その偉業を後世に伝えるべく活動を続けています。

日本平ロープウェイは、日本観光地百選で1位に選ばれたこともある名勝「日本平」の山頂と徳川家康ゆかりの史跡「久能山東照宮」を5分間で結んでいる索道です。

静岡の清水港近くに観覧車・映画館・ショッピングモール・レストランなどが集結。家族みんなで楽しめる複合施設。

静岡市清水日本平運動公園球技場(しずおかし・しみず・にほんだいらうんどうこうえん・きゅうぎじょう)は、静岡県静岡市清水区の静岡市清水日本平運動公園にあるサッカー専用の球技場。施設は静岡市が所有し、静岡市振興公社が指定管理者として運営管理を行っている。

葵タワーの3階にある。財団法人静岡市文化振興財団が管理。展示室の広さは3室計約1,100m²、天井高4.1〜4.5mと、国宝や重要文化財等、国指定文化財の展示も可能な構造である。デザインや工芸作品等、幅広いジャンルの展示を行っている。収蔵品を持たない美術館であり、特定のジャンルに縛られない幅広い企画展・イベントの開催が本美術館の大きな特徴となっている。

駿府城(すんぷじょう)は、静岡県静岡市葵区(駿河国安倍郡)にあった城である。別名は府中城や静岡城など。

江戸時代には駿府藩や駿府城代が、明治維新期には再び駿府藩(間もなく静岡藩に改称)が置かれた。

静岡市東海道広重美術館は、東海道五十三次など浮世絵師・歌川広重(安藤広重)の作品を中心に収蔵・展示

1