1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

【生きる意味を知る家】「三鷹天命反転住宅」に死ぬ前に行ってみたい

「家」とは多くの方にとっては休息を取る、リラックスする場ではないでしょうか。その価値観を覆す家が東京三鷹市に存在します。あなたもその「家」で新たな自分の可能性を発見してみませんか?

更新日: 2014年07月21日

4867 お気に入り 791153 view
お気に入り追加

「三鷹天命反転住宅」とは?

内部も何が何だかわからない…

芸術家/建築家の荒川修作+マドリン・ギンズによる、世界で最初に完成した「死なないための住宅」

与えられた環境・条件をあたりまえと思わずにちょっと過ごしてみるだけで、今まで不可能と思われていたことが可能になる

カラフルすぎない!?

人は一度に6色以上が視界に入ると、脳がバランスをとるらしく中和されてうるさく感じないものらしい

外観だけじゃなく内部もすごい…

配管が剥き出しの天井に、銀色の金具がたくさん付いてる
そこにフック金具を引っ掛け、荷物を吊るして収納

究極の「見せる収納」

その使用法は自由であるということが言えます。3歳の子どもが大人より使いこなせる場所もあれば、70歳以上の大人にしかできない動きも生じます

収納のために身体を伸ばしたり、ハシゴに上る必要があったりと、身体全体を使わないと生活できないような空間になっていて、いつもは使わない身体の部位を使う。バリアフリーとは対極にある部屋だが、むしろ、身体感覚を研ぎ澄まされるので、リハビリなどの訓練として、ここで生活するのは価値があるかもしれない。

身体に合わせた住宅ではなく、身体の可能性を開発する住宅。身体が開発されれば、魂も開発される。自分の知らない自分が生まれる

実際に「家」で生活することもできる!!

三鷹天命反転住宅に行ってきた。俺が独身だったら住んでたかもなー。

三鷹天命反転住宅に住んでみたい♪(’@’)が、色々写真を見ていたら、なんだか何も付け加えない状態で既に完成されていると言うのか、食器やなんか色々置いて人が住んでる写真を見ると何故だか全然よく見えない。普通の四角い部屋の生活をそのまま持ち込んでもダメなのかしらー

1 2





このまとめへのコメント6

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1

小佐見千代子さん

メインテーマは「アート」。のつもり



  • 話題の動画をまとめよう