1. まとめトップ

優待株400銘柄以上保有 桐谷広人氏が勧める株主優待企業はコレだ!

今話題の優待株400銘柄以上保有 元棋士・桐谷広人氏が週刊誌に取り上げられていました。

更新日: 2013年09月22日

13 お気に入り 23721 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

july701さん

優待株400銘柄以上保有 元棋士・桐谷広人氏が勧める超お得な株主優待企業はコレだ!

週刊実話 2013年5月9・16日 特大号タイトルより

今話題の優待株400銘柄以上保有 元棋士・桐谷広人氏が週刊誌に取り上げられていました。

週刊誌の記事はこちら

さて、記事から桐谷広人氏が勧める超お得な株主優待企業をみてみると・・・

①アルペン

取材当日、桐谷さんが穿いていたズボンは、スポーツ用品店『アルペン』の優待券で買ったものだった。同社は株主に500円の優待券を配る。アルペンは埼玉の川口にアウトレットショップがあり、桐谷さんはそこまで自転車で出向き、500円優待券で買った。
 「ストレッチが効いていて、自転車を乗るときに便利なズボンなんですよ」
 と、桐谷さんは笑う。ちなみに足下は、やはりスポーツ用品店『ヒマラヤ』の優待で購入したウオーキングシューズ。定価1万2000円くらいの靴が、同社のセールのときに3990円だったとか…。

②なか卯・吉野家

桐谷 僕はカレーが好きなんですが、『なか卯』や『吉野屋』にはカレーがあるんですよ。『なか卯』だったら、500円の食事券でカレーにサラダの食事ができる。『吉野屋』のカレーは330円ですが、食事券は300円券なので、30円は現金で払わなくてはならない。そこでサラダや豚汁などを追加し、300円券×2枚で600円の食事をすれば、現金は必要ありません。

注:記事の吉野屋は誤植です、出版社ならちゃんと校正してほしいですね。(ぱんだ)

③ジェイプロジェクト・野村ビルマネジメント・コロワイド

桐谷 『うな匠』という鰻屋が美味いんです。この店は『ジェイプロジェクト』という企業が経営していますが、僕はここの株を持っている。
 また、東京・西新宿に高層ビルを持つ『野村ビルマネジメント』は、4000円の食事券を優待してくれるので、49階のレストランで刺身定食なども食べたりできますよ。
 そうそう、『コロワイド』という企業は、株主優待のサービスでは一番評判のいい企業です。とんかつ屋の『銀豚』、居酒屋の『甘太郎』と『北海道』、『ラ・パウザ』というパスタ屋などの優待があります。しかも食事券ではなくポイントカードだから、1円単位まで細かく使用でき、使い勝手がいいんです。…

野村ビルマネジメントって聞いたことがない・よくわからない優待(ぱんだ)

④東建コーポレーション・エコス・大成ラミック・マイスターエンジニアリング

優待付き株を発行する企業は、何も外食産業だけとは限らない。一見、食事や食材と何の関係もない企業が、株主優待として食材を贈る例は多くあり、桐谷さんはそうした優待制度を活用。家で食べる食事もすべて“もらい物”である。

 桐谷 優待に米をくれる企業は、土地活用やマンション経営の『東建コーポレーション』。魚沼産コシヒカリがあるんですよ。スーパーマーケット・チェーンの『エコス』にも、米の優待があったはず。他にお米券を送ってくれる会社もある。
 また、さっき言ったカレー。レトルトカレーを贈ってくれる企業は多いんですよ。『大成ラミック』は食品を包装するフィルムを製造している企業ですが、優待にレトルトカレーがある。他にもうどんセットやお茶、水、冷凍した魚などがそろった企業もあります。
 全国の名産をカタログ販売している会社『マイスターエンジニアリング』に至っては、季節によって旬の果物を選べるので、ビタミンも摂取できるわけです(笑)。

⑤日本製紙・ノエビア

--しかし、日常生活というのは食事だけでなく、さまざまな雑貨も必要では?

 桐谷 大丈夫。『日本製紙』の株を保有していれば、トイレットペーパーや高級ティッシュは賄えます。化粧品会社の『ノエビア』は株主に太っ腹で、税込み2万1000円分の同社商品を年2回。僕は高級育毛剤をもらいました(笑)。

⑥マツモトキヨシ

--クオカードも大量にお持ちですね。

 桐谷 クオカードは便利ですよ。飲食店やドラッグストアで使えますし、期限が設定されていないカードもありますからね。『伊勢丹』や『高島屋』などのデパートも期限のない商品券を優待してくれます。ドラッグストアの『マツモトキヨシ』の商品券も、期限はありません。

 桐谷さんが現在保有する株式の額面は、時価1億2000~3000万円ほど。アベノミクスの好影響もあり、最近は利益も上向き傾向にあるらしい。
 とはいえ、桐谷さんにはこの株を現金化する気持ちは、さらさらない。

⑦東京楽天地・ルネッサンス

--映画も株主優待券でよく見るとか…。

 桐谷 今日もこれから、映画館を2軒はしごするんです。期限がもうすぐ切れるので早く見ておかないと…。
 東京の錦糸町に『楽天地』という商業施設がありますが、この施設の中に映画館があります。『東京楽天地』という企業の株主になれば、招待券をもらえます。映画を見たら、近くのスポーツジム『ルネッサンス』に寄る。もちろん、株主優待です。
 錦糸町には去年、スカイツリーがオープンしたでしょう。散歩するにも楽しい街なんですよ。映画、スポーツジム、散歩とセットでレジャーを満喫できます。
 そういう地域は他にもあって、さっき言った埼玉の川口もとんかつ、映画、アウトレットでの買い物、散歩がセット。そういう楽しみがあるから、優待制度はやめられないんですよ。
 あ、そろそろ映画の時間だ(といって、桐谷さんは腕時計を見る)。

⑧ビックカメラ

--もしかして、その時計も優待でゲットしたものですか?

 桐谷 この時計? これは、電池が切れていた時計が家にありましてね。ビックカメラの優待券で電池を代えてもらったんです。電池交換900円を、優待でもらった1000円の商品券でしてもらいました。
 そうそう、家電量販店の優待もいいですよ。
セールのDVDは1490円。2枚選んで、1000円の商品券3枚で支払いました。

 とことんまで元をとる桐谷さんの優待生活--損をしない生き方を、我々も学ぼうではないか。

コメント

桐谷広人氏はすごく優待を研究されている方なので記事も説得力がありますね。
ちなみに日経マネー最新号(7月号)にも登場されています。

ダイヤモンドZai 2013/09月号
〈優待名人、桐谷広人さんがザイに降臨!〉人生初の「株主総会」体験記
【特別付録】優待内容別カタログ 株主優待ベストセレクト500〈桐谷さんの(秘)優待投資術&銘柄コメント付き!〉<emoji:hearts>

話題の優待生活名人 桐谷広人氏が登場

1