1. まとめトップ

オシャレに見える人とダサく見える人の境界線が感慨深い

オシャレに見える人とダサく見える人の境界線が感慨深い

更新日: 2017年08月27日

95 お気に入り 220139 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tsbenriさん

いつも、電車の中や街を歩いてる人や自分のまわりの人たちを見ていて思うんです。
オシャレに見える人とそうでない人の違いは何なのか??
本当に疑問です。

オシャレに見える人

おしゃれかそうでないかは自分を知っているかではないでしょうか。
何色を着ると顔色がどうなるか、この服のときはどんなメイクにするか、髪形にするか等々
変化も大事だと思います。

よくクラシックのコンサートに行くんだが、
会場にはたまにおしゃれな客がいる
昨日も会場に粋な雰囲気の男二人組がいた、
おそらく三十路手前くらい
高いもの着ているわけじゃなさそうで
(下手したら古着かも)

ダサく見える人

人間的に洗練されてないとブランド物持ったり
綺麗な服着てもダサイ雰囲気が出てる気がしてきた。

生活は滲み出るし絶対他人でも解るからw
着飾ってても生活だらしないのや
部屋が汚いのとダサイ家に住んでると透けて見える

服やアクセサリーが大好きで雑誌やショップ店員さん、街中のおしゃれ女子などを観察して自分磨きに励んできました。
髪型やメイクもそれなりに頑張ってます。
でもでも、イマイチ垢抜けないのです(泣)

周りからは「洋服とか靴とか沢山持ってるよね」とは言われますが「おしゃれ」「センス良い」などとは言われません。コーディネートを真似される事はしばしばですが、真似した相手の方がスッキリと似合ってしまい、逆に私が真似したかのような感じ。

おしゃれとは

ずばり、精神です。
何を選び、何を合わせ、何が自分を引き立たせるかは、
まず、自分を知らないとできない。
背恰好は勿論、姿勢、所作、行動、テイスト、付き合う友人、男、生活態度にいたるまで、
あなたは自分を貫いていますか?
真似をするのは、OKです。
そこから、自分を表現できるものを厳選して下さい。
主役はあくまでも、あなたです。
持ち物がおしゃれでも、持つ人がおしゃれでないと当然そうは見えません。

1