1. まとめトップ

【にんにく】栄養抜群のヒミツは!?にんにくの効果効能と特徴まとめ

にんにくの栄養、効果効能、特徴をまとめました

更新日: 2014年06月19日

ryuuya2961さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
61 お気に入り 399339 view
お気に入り追加

▼にんにくの栄養価が高いのはわかるけど。。。          実際はどんな効果効能がある?

▼まずはにんにくの栄養価を見てみましょう

【可食部100g当り】

エネルギー 134kcal
水分    65.1g
たんぱく質 6g
脂質    1.3g
炭水化物  26.3g
灰分    1.3g
飽和脂肪酸 0.18g
不飽和脂肪酸 0.45g 
コレステロール -
食物繊維 5.7g

▼あの強烈な臭いが免疫力を高めてくれます

ニンニクの臭いの正体は、硫化アリルの一種であるアリシンという成分です。
このアリシンには、強い殺菌作用と体内でビタミンB1と同じ働きをする効果があります。

▼アリシンがすごい!

アリシンには、ガンを防ぐ(発ガン抑制)強力な抗酸化作用があります。また、アリシンは食用油などに溶けると、アホエンという、これもまたイオウ化合物がですが、このアホエンには抗ガン作用の他に、血栓を予防・改善する作用が報告されています。いずれも強い抗酸化作用によるものです。

アリシンには、風邪や気管支炎の原因になる連鎖球菌やブドウ状球菌などを殺す強い殺菌・抗菌力があり、胃潰瘍を引き起こすピロリ菌やO-157菌にも有効とされる報告もあります。この作用で病気への抵抗力を高めるなどの働きをしています。

▼女性に嬉しい!美容効果も

ニンニクの有効成分は大変浸透性が高く皮膚の表面からも効率よく吸収されると言う特徴があります。 また、皮膚の内部に適度な脂分を留める働きもあるので水分と脂分がバランスよく保たれ小じわやたるみを、めだたなくしてくれます。

▼だけど・・・食べ過ぎには注意しましょう!

あまりにも食べ過ぎると、胃をあらしたり、血圧の上昇、目の充血、肝臓障害を引き起こす危険もあるので注意しましょう。

目安として、生食する場合は、1日3~4片にとどめるのがよいでしょう。

▼にんにくのレシピ

1





ryuuya2961さん

興味のあるものをまとめます