1. まとめトップ

【女性必見】いつまでも若々しく!最先端『白髪染め』まとめ

ほんとはこわい白髪染め。自分にあった頭皮のダメージが少ない白髪染めを探しましょう!

更新日: 2013年05月27日

52 お気に入り 26971 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

neohillsさん

そもそも白髪染めって何?

以前の記事「白髪染めとヘアカラーって同じもの?」で紹介した通り、多くの女性が使っている「白髪染め」はヘアカラー(永久染毛剤)の一種です。髪の内部に染料が浸透することで、髪の色が変化します。髪の表面(キューティクル)をはがして内部へ浸透し、タンパク質の結合力を弱めるので、髪へのダメージは避けられません。

双方とも 同じカラー剤ですが 白髪染めと言われるカラー剤の方が色素が多い為、同じ明るさのイメージでもやや暗くなります。
白髪は明るい色では染まらなくなります。

白髪染めと黒髪を染めるヘアカラーでは、毛髪の色を濃くするか、薄くするか、発色させる成分の量や配合が異なります。白髪染めは白髪がうまく染まるよう、ヘアカラーは黒髪がうまく染まるように作られています。

白髪染めって危険じゃないの?

髪のダメージよりも、怖いのは頭皮のダメージです。人によっては、白髪染めに使われるパレフェニレンジアミンやパラアミノフェノールなどの染料(ジアミン系化合物)が、アレルギー反応を引き起こす原因になることもあります。

どんな白髪染めがあるの?

白髪染め、ヘアカラーのほかにヘアカラーリングの方法として、半永久染毛剤(ヘアマニキュア、カラーリンスなど)、一時染毛剤(白髪隠しなど、スプレータイプ、マスカラタイプのもの)があります。どちらも髪の内部には浸透しないため、髪へのダメージが少ないのですが、半永久染毛剤は1~2週間程度、一時染毛剤はシャンプーや汗などですぐに落ちてしまいます。メリット・デメリットを考慮しながら、使い分けるとよいでしょう。

最近は頭皮へのダメージが少ないノンジアミンのトリートメントが数多く発売されています。

頭皮へのダメージが少ない白髪染めご紹介!

大島椿が椿油でつくったヘアカラートリートメント
ダメージをケアしながら白髪を目立たなくするヘアカラートリートメント。
使うほどに、少しずつ色合いを与え、自然な髪色に仕上げる。椿油がしっとりつややかな髪に導き、ハリ・コシをアップ!
髪や肌と同じ弱酸性、無香料。椿油配合(保湿・柔軟・保護成分)、ツバキセラミド配合(補修成分)、加水分解シルク配合(ハリ・コシ成分)

京都の料亭でも使われている利尻昆布を原材料に使った、無添加の白髪染めです。配合されている、その他の成分も天然素材のものばかりです。そのため、髪や地肌・頭皮にやさしいのはもちろんですが、生分解性に優れ、河川や海を汚しません。原材料はもちろんですが、水にもこだわって、作られています。人にも自然にも、やさしい白髪染めだそうです。

ヘナはミソハギ科の植物で、乾燥地に育つ生命力の強い植物です。ヘナが魅力的なのは、髪に色が入るだけでなく、同時にえられるトリートメント効果が、髪にツヤ、コシを与えます。毎年、収穫時期は現地スタッフと共にヘナ畑へ赴きヘナの品質を確認しています。このヘナに、マメ科の植物、木藍(もくらん)を配合し、ヘナの赤みを抑え、黒っぽくし、更にトリートメント効果の高い10種類のハーブを配合したそうです。

「ダリヤ サロンドプロ ヘアマニキュア・スピーディ 6 ダークブラウン 100g」は、髪にやさしい白髪用ヘアマニキュアです。染着促進成分(NMP(メチルピロリドン)が染料をミクロ化し、髪に素早く浸透します。髪に負担をかけず、スピーディに染め上げます。繰り返し染めても髪に負担をかけないヘアマニキュアなので、全体染めにした後の生え際白髪も、気になった時に、少量取り出して細部用クシで手軽に、その都度染められます。また、放置時間たったの5分で、もとの髪色になじむ、自然な仕上がりで、白髪を目立たなくします。

大手ネットモールのオリジナルコスメ大賞5年連続入賞!その他、大手口コミサイトでも好評価のレフィーネシリーズから生まれた、
「白髪染め」と「スカルプケア(頭皮ケア)」と「トリートメント」が同時にできる
『レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー』
毛髪専門27年、毛髪技術の先進国ドイツ生まれのスヴェンソンが開発!

で、結局何を選べばいいの?

頭皮にやさしい白髪染めを使う
白髪染めには、永久染毛剤のほかに、半永久染毛剤(ヘアマニキュア、カラーリンスなど)、一時染毛剤(スプレー、スティックタイプなどの部分白髪隠し)があります。メリット・デメリットを考慮しながら、頭皮にやさしい白髪染めを選択するのも一考です。

私は時間があるときは、頭皮のダメージが少ないヘナを中心に使っています。あとは補助的に1週間に一度トリートメントタイプのヘアカラーと、気になるところはマスカラタイプを使っています。

1