1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

その後の影響

相澤会長の葬儀に姿を見せなかった浜崎あゆみの胸中
「浜崎は売り出してくれた松浦氏に恩義を感じていて“自分のボス”と宣言してきた。サンミュージックには3年で放り出され、あまりいい思い出はなかったのでしょう。参列するかどうか悩んだのではないか」

「サンミュージックの歴史は独立の歴史でもある」
「聖子や早見だけではありません。都はるみも一度は独立しているし、浜崎あゆみや大塚愛もかつては在籍していました。桜井幸子を連れて独立したマネジャーは、今は酒井法子の所属事務所の社長です。他の大手プロならすんなりとは独立を認めないし、相応の条件を設けるものですが、相澤会長は“来る者拒まず、去る者追わず”の精神でしたからね」

スギちゃん、相沢会長の思い出語る「役者で頑張ろうか」
会長は昨年9月、プールに飛び込み胸椎破裂骨折で入院したスギちゃんを見舞いに訪れ「大丈夫、今後も面倒見るから今はけがを治して」と語ってくれたという。

サンミュージック相澤会長 岡田有希子、酒井法子らとの絆
1984年にデビューすると、“第2の松田聖子”と呼ばれるほど人気を集めた岡田有希子さん(享年18)。彼女は1986年4月に、事務所屋上から飛び降り、自ら命を絶った。
相澤会長は「気づいてあげられなかった」と悔やんだ。

酒井法子さん薬物事件でも
「酒井さんが執行猶予を終えた後の道筋を、相澤さんはずっと考えていました。さすがにすぐに芸能界に復帰するのは厳しいと思い、福祉関係の大学への入学を勧めたのも相澤さんでした」

告別式から1日

相澤会長の通夜に集った「不肖の娘たち」
ベッキー(29)や都はるみ(65)など所属タレントをはじめ、渡哲也(71)、和田アキ子(63)など大物芸能人も続々と参列。1500人以上が故人を偲んだ。その中には、相澤会長に心配と迷惑をかけた揚げ句、事務所を離れていった“不肖の娘たち”の姿もあった。

サンミュージック相澤会長 松田聖子との17年断絶と涙の再会
相澤さんにとって、特に思い入れが強かったのが松田聖子(51才)だといえよう。

相澤会長の長男・正久社長、オヤジの理念継ぐ
「『タレントと社員は大切な家族』というオヤジの理念、『本当の強さとは優しさだ』という精神を体に刻み込み、一層信頼されるサンミュージックグループにまい進していく所存です」

29日の告別式

相澤会長の棺に創立30周年記念アルバム
同社創立30周年記念アルバム「サウンド・オブ・サンミュージック」(99年)のジャケットなど、骨壺には愛用のメガネとプラチナ製の社章が納められた。

相澤会長告別式… 森田知事と西郷輝彦らが弔辞
すい臓がんのため23日に亡くなった大手芸能事務所サンミュージックプロダクションの創業者で代表取締役会長の相澤秀禎さん(享年83)の告別式が29日、東京・青山葬儀所にてしめやかに営まれた。

相澤会長告別式に約700人 北島三郎らが最期の別れ「厳しい道を歩いてきた良き友」
弔辞は、ホリプロ創業者で現ホリプロファウンダー最高顧問の堀威夫氏、1968年に設立された同社の第1号タレントとして活躍した千葉県知事の森田健作、1962年に設立した「竜美プロ」で相澤さんにスカウトされ、デビューした西郷輝彦の3人が務めた。

酒井法子や松田聖子のらの育ての親

23日午後10時27分、都内の病院で死去されました。

関連

1 2