この物語に登場する悪徳を覚えている限り羅列してみる。

修道院で乱交パーティを繰り広げる。
窃盗。
髪で女を吊るして前と後ろから陰部を鞭打つ。
ローマの街を燃やして貧民街や救護院を軒並み全焼させる。
人肉食。
女性を毒薬やナイフで強制的に流産させる。
聖職者を誘惑し、その陰部を切り取る。
夫殺し。
父親を口説いてから交わり、拷問死させる。

出典SとMの肖像 // 悪徳の栄え マルキ・ド・サド (澁澤龍彦 訳)

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

本物のSMとは? マルキ・ド・サドとザッヘル・マゾッホ 二人の作家 +α団鬼六etc.

SMプレイとか自称Sとか真性SとかドMという発言を耳にするけれど、結局本物のサドとマゾやSMとは何なのかよくわからないので一度ルーツに還ってみた。日本のSM作家についてもちょっとだけ触れてみた。※ネタバレ注意

このまとめを見る