☠主人公ザバディルは森でものすごい美女に出会った。彼女の名はマルドナ、恐ろしいほどの美貌の持ち主である彼女は村人達に崇拝されていた。彼女の住む村そのものがカルト教団だ。彼女に逆らうものは裁判にかけられ鞭打たれ制裁を受ける。マルドナ自身も自分を絶対的な神と信じて疑わない。「教祖」である彼女は己の欲を満たすために自分の性的魅力も利用しながら信者達を受け入れ、愛し、支配する。主人公も彼女に会うためにその村に通うようになるが、彼女に服従し全てを捧げながらも彼女を独占できないことに憎しみをつのらせていく。マルドナもまた主人公を愛するようになるが誰か一人の者になることはない。
マルドナの信者の美少女と浮気した主人公をマルドナは裁き、殺し、逮捕される。
彼女は信者達の助けで脱獄に成功する☠

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

本物のSMとは? マルキ・ド・サドとザッヘル・マゾッホ 二人の作家 +α団鬼六etc.

SMプレイとか自称Sとか真性SとかドMという発言を耳にするけれど、結局本物のサドとマゾやSMとは何なのかよくわからないので一度ルーツに還ってみた。日本のSM作家についてもちょっとだけ触れてみた。※ネタバレ注意

このまとめを見る