「改正動物愛護管理法」が施行され、ペットの飼い主は原則として捨てることが許されず、一生面倒を見る責任が生じることとなりました。

出典「改正動物愛護管理法」ペットの飼育義務が”一生”に

保健所(正式名:動物愛護管理センター)に持ち込まれたり、野良犬・野良猫になり、保健所に捕らえられた犬・猫は引き取り手がいなければ、いずれ殺処分を受けます。
しかし、今月から試行された同法により、これまで飼えなくなった飼い主から保健所に持ち込まれていた犬・猫の引き取りを保健所側は相応の理由がなければ、拒否できるようになりました。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

殺処分ゼロのためにできること 『知る 伝える 捨てない 買わない』

小さな命を守るために、誰にもできることがあります。殺処分ゼロのために、まずは知ることから。

このまとめを見る