1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いよいよ日本ダービー!『4強』を形成する有力馬に迫る

5月26日に節目の80回目を迎える日本ダービー。今年はハイレベルな4頭が『4強』を形成し、見応えがあるレースが期待出来そうです。そんな4強それぞれの近況を動画を交え、前々日オッズ人気順にご紹介します。

更新日: 2013年05月26日

77 お気に入り 43687 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ネバスポさん

3歳のサラブレッドが一生に一度出走することができる最高の晴舞台、日本ダービー

今年は節目の80回目となります。

生涯に一度しか出られないオンリーワンチャンス。18頭の精鋭が、栄誉と1賞金2億円を手にすべく、東京芝2400mの舞台で激突する

そんな今年のダービーの主役を担うであろう『4強』を、前々日オッズ順にご紹介します

オッズは金曜20時50分現在の数字です。

多くの人との絆を胸に、ダービー最多勝男が頂点へと導く…キズナ

馬名意味…絆

元々は佐々木厩舎のエースジョッキー、佐藤哲三騎手のお手馬だったが、昨年秋に大きな落馬事故を起こし休養。主戦ジョッキーを失ったキズナの新パートナーとして白羽の矢が立ったのは、近年不振がささやかれていた天才・武豊。不遇を極めた時期でも常にバックアップしてきたキズナのオーナー、前田晋二氏と佐々木調教師。さらにキズナの父と姉は共に自身が手綱を取ってGⅠ馬へと導いたゆかりのある血統。人と馬、多くの”キズナ”が集結したダービーで天才復活なるか?

皐月賞前哨戦でやや足踏みしたものの、その後重賞レースを2戦連続圧勝。父譲りの豪脚を見せつけるか?

重賞毎日杯優勝後、賞金的には皐月賞に出走できたがあえてスキップ。あくまで目標はダービーと、前哨戦叩いて調整されてきた。

父ディープインパクト、母はキャットクイル。このキャットクイルはGⅠ3勝馬の名牝ファレノプシスの母親である

父ディープインパクトと、キズナの姉のファレノプシスはともに武豊騎手が手綱を取っていた。

追い切りではラスト1F手前で左の肩ムチが入ると瞬時にギアチェンジ。必死に食い下がる僚馬を突き放した

栗東坂路でウォーターパーク(3歳未勝利)と併せ馬。4F54秒3-39秒2-12秒4。豪快に1馬身半先着を決めた。

武豊騎手
「動きは素晴らしかった。1戦ごとにパワーアップしているし、フォームなどは(父の)ディープ(インパクト)に似ているね」

3冠馬になれるのはこの馬だけ。真の世代最強馬へ…ロゴタイプ

馬名意味…文字を組み合わせて個性的な書体に図案化したもの

父ローエングリンというやや地味な血統と、デビュー戦勝利後に数戦もたついた印象から、常に割り引き気味の人気になっているが、実力は本物。昨年暮れのGⅠ朝日杯フューチュリティS含め、重賞3連勝含む4連勝。しかもその内3戦がレコード勝ちと、戦績はあのシャドーロールの怪物、ナリタブライアンを彷彿させる。皐月賞時鞍上だったM・デムーロから弟のC・デムーロに乗り替わるが、彼も今年の桜花賞を制すなど実力は折り紙付き。人気は実力とイコールでは無いと言うことをダービーでも証明するか?

昨年秋から重賞3連勝、GⅠレース2勝を含め目下4連勝中。さらに内3勝はレコード勝ちと実力は世代最強との声も多い

父がローエングリンとやや地味な印象があるが、その血は世界の名血。さらに母の母も重賞勝ちの名牝でポテンシャルは十分

ローエングリンの父はジャパンC、ドバイワールドCを勝ったシングスピールで、母は仏GⅠ2勝のカーリング。さらに母ステレオタイプの父がサンデーサイレンス、母の母がスターバレリーナと名馬揃いの血統背景。

ロゴタイプは、前走と同様に美浦Wで単走、馬なりのまま“ロゴタイプ流”、“田中剛流”で最終追い切りを完了した

大一番を前にしては物足りなさを感じるのは事実だが、これがいつもどおりのロゴタイプ、田中剛調教師流の調整なので何ら心配はいらないだろう。

クリスチャン・デムーロ騎手
「ミルコ(兄)はダービーでも乗りたかったと思うが、こうして僕にチャンスが巡ってきた。この馬に関わる全ての人に感謝したい」

母の仔で、天才の子が牡馬クラシック初制覇に挑む…エピファネイア

馬名意味…クリスマスから12日目にあたる1月6日「公現祭」(ギリシャ語)

衝撃的な新馬戦から無敗でクラシックの登竜門とも呼ばれるラジオNIKKEI杯を制し、一躍クラシックの本命へと名乗りを上げたエピファネイア。しかし徐々にかかりクセが強くなり、弥生賞、皐月賞共に折り合いを欠き涙を飲んだ。しかしスムーズにレースが運べなかったにもかかわらず、2戦共に勝ち馬からわずか0.1秒差。決して力負けではない事を証明している。母は日米オークス馬のシーザリオ。彼女の手綱を取った天才福永洋一の子、ユーイチが、今度は息子で世代の頂点を目指す。

デビューから3連勝で、ラジオNIKKEI杯ではキズナを下す。明け3歳になり2戦は惜敗も、タイム差は0.1秒差と能力では負けていない

母はなかなか体質の強い子に恵まれなかったシーザリオだが、丈夫さが持ち味の父シンボリクリスエスと見事にフィットした理想的な配合

1番目の仔は両前足がひどく弱く、まともな調教が出来なかった。それでもデビュー戦で勝利したがそのまま引退。2番目の仔は蹄の病気、蹄葉炎でデビュー出来ないままこの世を去った。3番目の本馬がシーザリオの子供で初めてまともに競馬で使える馬となった。

栗東CWで追い切り予定だったが、ソエっ気が出たため急遽坂路に変更。最後まで福永が手綱を押さえ気味のまま僚馬と併入

時計は4F54秒7-40秒1-12秒9。ソエとは若駒に多く見られる骨膜炎のような病気。角居調教師は走り自体には合格点を与えていたが、究極の舞台で脚元に不安があるのは気がかりである。

福永祐一騎手
「お母さんも乗っていた馬の子供は特別。ダービーでこういう馬に乗るために毎日頑張ってきたし、楽しみで仕方ないですね」

このままでは終われない。非情のタクトで悲願達成へ…コディーノ

馬名意味…弁髪(伊)。有名サッカー選手の愛称

デビューから3連勝で重賞2勝。レースのパフォーマンスも圧巻でこの時点では来年のクラシックを総ナメかとも思われていた怪物コディーノだったが、朝日杯FSでロゴタイプの後塵を拝してからは流れが一変。必ずしもスムーズとは言えないレースが続き、皐月賞含め3戦連続惜敗。悪い流れを断ち切るためか、これまで全てのレースで手綱を取ってきた厩舎のエースで競馬界を代表する騎手の一人である横山典弘をダービーで下ろし、新たに豪の名手ウイリアムズ騎手を迎えた。幾多の栄冠を手にした名伯楽・藤沢和雄調教師が、唯一手にしていない牡馬クラシック初制覇に向けて非情のタクトをふるった。

札幌2歳Sではロゴタイプに圧勝、そして朝日杯FSでも同馬とタイム差無しの2着と実力は十分。スムーズな競馬が出来れば圧勝も

札幌2歳Sではレコード勝ち、さらに次走の東スポ杯2歳Sでも直線行き場がなくなりながらも2歳レコードで圧勝と能力は折り紙付き。ここ3戦はスムーズさを欠いたレースが続くも、新たな鞍上を迎え、得意の東京コースで復権なるか?

母は重賞でも活躍した名牝ハッピーパス。ただ母系がマイラーだけに距離延長には一抹の不安が付きまとう

母の姉は名牝シンコウラブリイでやはりマイル血統。ただ折り合いには心配が無いタイプなのでスムーズにレースが運べればそれほど問題は無いだろう。

東京競馬場の芝コースで追い切り敢行。ルルーシュを目標にスタートし、直線で内にもぐり込み、馬体を併せてフィニッシュした

時計は3F37秒4-12秒0。ルルーシュはダービー当日の重賞、目黒記念に出走する古馬の実力馬。東京競馬場の芝コースで追い切ったのは「ロブロイ、クリスエス級の馬でも勝てなかったのだから何か違うことをしないと」という藤沢氏の考えから。

藤沢和雄調教師
「ダービーが終わったら3歳で引退する外国とは違う。あくまで通過点。ここを乗り切れば将来が楽しみになる」

同時に「ダービーは勝ちたいレースだし、目標にしているレースだが、本当に走るか走らないか分からない時期に壊してはいけないという思いはあるんだ」とも語っています。

1 2