1. まとめトップ

自分も一度だけ行きました。
ここの人達と同じようにオロオロして、いい歳して泣いたり叫んだりしました。
そして最後に思いついたのが仏間。
おっさんがいました。
さあ帰れよと言われそこで少し安心しておじさんに質問した結果分かった事です。


数学はさっぱりだけど虚数と意識の世界だって事は分かりました。おっさんは意識だけの存在らしいですがそれは今も何が何だか分かりません。

おっさんの役目

俺の体験談

2004年の 4月1日のPM5時ぐらいに起こった出来事なんだが。
久しぶりに知り合いが遊びにこいといったので、電車と徒歩で25分ぐらいかな
で、俺は、電車に乗って次の駅で目的地ってとこで急に眠たくなって
少し目を瞑ったんだよ、で起きなきゃと思い目を開けると何故か部屋の一室に
居てここ何処だろうと思ってみてるとだんだん見覚えがある場所だと気づいて
俺が今向かってる友人の家の中だとわかった。
でも、誰も居なくて外に出ようとドアを開けたら周り一面真っ暗闇で
向こうの方にに真っ白のスーツを着た人が立っていて、
俺は一瞬怖くなったけど何か知ってるかも、と思ってその人の方へ向かっていった

続き で俺が近づいてくるのかわかってたのか、その人がこちらに向かって歩いてきた
でその人はサングラスを掛けていて身長180CM以上で25歳以上
髪型は、短髪 変な首輪をつけていた

でその人がいきなり「×××君、ここに来ちゃだめだ、戻れなくなる、引き返してあの家に帰るんだ」
なぜか俺の名前を知っていて、俺は「ここは何処なんですか?さっきまで電車にいた
ハズ何ですが・・」というと、「稀にこういった場所に迷い込む人が居るんですよ。
私はそこに迷い込む人を元の場所に案内しなければならない」
で、俺はこの人が言ってることが本当のような気がして「ありがとうございました」
って言って友人の家に引き返した。 で友人の家に入ると急に目の前が暗転して
で目がさめたら×××駅です~ というアナウンスが流れて 扉が開いた
丁度目的の駅だった。

ネタじゃなかった

断片的にしか思い出せない記憶だから無理矢理繋げた話だ。

始まりはビッ○カメラのトイレだった。
いつも使う何の変哲もない只の個室トイレ。
茶色いユニット張りが目の前にある
まさか、あんな事が起こるなんて思いもよらず。

その日俺は、朝からお腹が緩く、何が当たったのかわからないが、無理をして外へやってきた。

理由は簡単だ。彼女とデートだからだ。

そして今日は新作DVDの“AVP2”とゲームの発売日だったので、ビッ○カメラの5階(ゲーム売り場)へやってきた。 
5階を色々探索している時に、お腹の調子が悪くなり、彼女に謝ってから5階のトイレに駆け込んだ。

時刻は、多分だが10:20 

個室のトイレで、 用がすんでからトイレを出ると、直ぐ様違和感を覚えた。

周りの騒音が一つも無く、静まりかえっていた。
(普通ならば売り場の有線が聞こえるはずなのに)


ガラスドアを通して見える売り場には不思議なことに誰もいない。

ただ、ガラスドアの右にあるテレビにゲームのデモ映像が流れているが、音声がない。

誰もいないスタッフも、騒音も。

……アイツは? いや、この状況で、彼女だけ居ると、逆に不自然だ。

でも、夢なら。 しかしトイレで気張りながら寝るだろうか? 有り得ない。

ならこの状況は? 空気が生温く感じてた様な覚えがあった。
意を決して踊り場から売り場の中へ入った。気配すらない。
俺は彼女の名前を呼びながらそのフロアをしらみ潰しに探したが、客もスタッフも居ない。直ぐに彼女へメールをした。

それから、人を探しに他の階へ行ったのか記憶がないが、誰かいないかと、スタッフオンリーのドアを開け中に入った。

扉は青い両開きで、入るとラックに積まれた段ボールが鮮明に残っている。

さらに色々狭い通路を歩き回ったが誰もいない。

おもちゃコーナーに立て掛けてあったポップが倒れた。
立てる時に、ポップの頭を持つと、曲がってしまった。
時計をみた。11:28かなり時間がたつ。
仕方なくトイレの場所に戻り、ドアを開けると、目の前が白いタイル張りに塞がれていた。
辺りを確認するといつのまにか俺は便座に座っていた
トイレのドアを開けると、小便をしている人物がいた。 慌てて、周りを確認した。
しかし、踊り場から売り場を覗くと違和感があった。 ノートパソコンがずらりと並んでいる。

ここは? ……4階? 俺は慌てて携帯を取りだし彼女に電話をした。 彼女が返事をしたのだが。

「何処にいるの?」と聞かれて頭がパニックに成りつつ、見たままを 口にした。
「トイレから出たところ」
?」と驚いた声で言われた。
時計を見ると10:23に戻っていた。
やはり、トイレで眠っていたらしい。
 今まで、体験した夢を簡単に彼女に話したのだが。

帰る途中、スタッフオンリーのドアをみると、あの時のと同じ青い扉で、俺が見た通りの景色が一瞬見えた。
さらに、型紙で造られたおもちゃコーナーの立て掛けポップの頭が曲がっていたのと、メールが着たと彼女が口にした。

それは、あの時俺が彼女に送ったメールがだった。
その話を彼女にキチンと話をした。
「それって時空おっさんやん」
「あの? 時空のおっさん? でも、誰も居なかったぞ」
「実際に、あるんだね~~! 2ちゃんねるのはネタじゃなかったんだ!」
と彼女が笑顔を向けた。
……もし、あのまま戻れなければ、どうしていたんだろう。彼女に会えないと考えただけでもゾッとした。
不思議な体験だった。
その日は、凄く疲れが酷く、カラオケに着いて直ぐに眠ったらしい

「何処にいるの?」と聞かれて頭がパニックに成りつつ、見たままを 口にした。
「トイレから出たところ」
「4?」と驚いた声で言われた。
時計を見ると10:23に戻っていた。

おっさんとの会話

箇条書きにして書きます。
テスト勉強のため図書館に自転車で行った
途中で気分が悪くなって目の辺りを押さえて下を向いた
前を向いたら車とか人とかが消えていた
しばらくしたらヤクザみたいな人が「何してんだコラッ」と叫びながら走ってきた
凄く怒られた後、連絡をとろうと携帯っぽいものを出した
必死で話しかけるも怒られるばかりで殆ど相手にしてくれなかった
連絡がとれたみたいだな、と思ったらいつの間にか元に戻ってた。

こんな感じです。ひょっとしたら夢かなとも思ったんですが顔に怒られた際についた
殴られた後があったんで夢じゃあないのかな、と思ってます

三途の川の番人…じゃあ無いと思いたい。怖すぎる。
何でここに来た、どうやってここに来た、仕事がなんたらかんたら…、みたいな感じ。
そういえば二つ質問に答えてくれたよ。
自「時空のおっさんって呼んでもいいすか?」
時「勝手にせい」

自「こっちに来るにはどうすればいいんすか?」
時空のおっさんの顔が険しくなって
時「…次は帰れんぞ」
って言われた。…今思い返したら超怖かった…

絵の中の世界

739 :本当にあった怖い名無し:2008/11/27(木) 00:11:38 ID:zuiRMOy80
小2くらいの頃、まだ両親と川の字になって寝ていた自分は
夜中に妙な感じをうけて目が覚めた。
変になにか違う?みたいな違和感で飛び起きたのだが
目が慣れてくるといつも寝ている部屋の景色に色がなかった。
ちょうど墨絵の世界のようで黒の濃淡だけしかなく
タッチも荒く現実的でなく本当に絵の中の世界のようだった。
恐いので親を起こそうと横をみるが
両親とも時が止まっているかのように熟睡というより微動だにせず
息もしていないように見えた。
これはいかん、なにか時の狭間というかエラーみたいな世界に落っこちたと
思った自分はあきらめてもう一回寝たら、なんのことはなく普通に朝がきた。
オチはとくにない。

説明するおっさん

自分のいとこが体験した話

ある団地に住んでるいとこ(以下T)がリビングでくつろいでいると
床で動く手がどこからか出てきた
最初はかなり怖くてパニくってたらしいけど
Tはちりとり(?)でそれを救い上げて外に放り出そうとしたらしい。
放り出そうとしてドアを開けると
そこにはいつもと全く違う風景が広がっていた
どういう光景だったのかは詳しく聞いてないけど
そこに「おじさん」が一人立っていて
Tはおじさんに近寄ってみるとおじさんはこれがどういうことなのか説明
してくれたんだと
よく覚えてないけど 「その手はある女の人の手で、その人はここに
用がある だか 忘れ物?があってここに来た」
大体そんな感じのことを「おじさん」は説明してくれたらしい

手はそこに置いて家に戻り
数分してまた扉を開けるといつもの風景だった・・・

十年くらい前に聞いた話だ。おっさんは霊界にも関係あるのかな
今度会った時また詳しく聞いてみる

おっさんの役割判明

228 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/25(土) 00:26:33 ID:e3Tq9gQp0
オカ板で書くどころか覗き始めたのもつい最近の者で、何か暗黙のルールみたいなのがあったらごめんなさい。
とりあえず書かせていただきますね。

20年近く前の話になります。当時、私は小学4年生でした。
近所にすり鉢状の滑り台がある公園があり、とても変っているので小学生には大人気で、
学校終わってすぐ行かないと取り合いや順番待ち、横暴なジャイアン的上級生の圧政など、
面倒なことが増えるので、その日も学校が終わったら親友のT君とその公園で会う約束をして走って帰りました。
家に帰るとランドセルを放り投げ、自転車に乗り猛烈に漕ぎました。
最初は何も考えてなかったのですが、何か変だと思い停まったのです。
するとさっき渡ったはずの信号が遠くの方にみえました。と、いうより今自分が停まってる所はさっき通った所なんです。

どこから同じ道だったのかわかりません。
ただ、その公園へは毎日のように行ってたので、道を間違えるはずもなく、景色も覚えています。
なのに、「はい、今からさっき通ったとこ」という瞬間がわかりませんでした。いつのまにか同じ道だったのです。
そして、おかしいのが、全く人気がないのです。何の変哲もない住宅街ですが、いつもなら立ち話する主婦、
道路で遊ぶ子供、大きい道に抜ける車、なにかしら人の動きがある道です。それが全くない。
家の中は見えませんが、家自体に人の気配がないのは子供ながらに感じました。騒音も全くありませんでした。

とにかく数百メートル先の信号まで行くことにしました。でも、漕いでも漕いでも何故か近づけないのです。
はっきりとは見えませんが、信号がだいぶ先に固定されていて、信号のちょっと手前の風景だけが流れている感覚。
どんだけ漕いでも着かないので遂に疲れ果て、漕ぐのを止めました。そしてだんだん心細くなって泣き出したのです。
わんわん泣いていると先の角から年の頃は40ぐらいのおっちゃんが歩いてきたのです。
今思うと携帯電話で話しながら歩いてきました(当時は携帯電話はなくトランシーバーだと思った)
そして泣いてる私を見つけると「いた、いたわ」と言い近づいてきて「よしよし、怖かったな、お家に帰ろうな」と言い、
頭をなでられた瞬間、後ろから車が、いつの間にか騒音もいつも通り。
なんかよくわからん内に何もかも元に戻ってました。

230 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/04/25(土) 00:32:12 ID:e3Tq9gQp0
なんか、長くなってしまいすみません。

その後、なんかよくわからなくなったけど、とにかく公園へいくとT君はまだおらず、
10分ぐらい経ってT君が来ると「お前早いなー」と言われ「いつ着いた?」と聞かれ10分ぐらい前、
と言うと「嘘つくな!俺めっちゃ飛ばして来たって、10分前ってまだ学校帰りやんけ」と言われたのです。
そう、公園の時計を見ると学校を出た時間から考えて15分しか経ってないことになってたんです。
学校→家→公園は最低でも20分かかるコース。
もう、何がなんやらわけわからんくなってまた泣き出してT君は自分のせいで私が泣いたと思いオロオロ。
とりあえず全てを説明して二人で「なんやろなー」と言ってました。
あれは一体何が起こったのでしょうか・・・

思い出したおっさん

時空のおっさんかどうかわからないけど。
小学生の頃、姉と歩いていたら、突然周りの動きが止まった。
色や音はなくなるし、すごく怖くて周りを見てもぴたっと止まったまま。
どうしよう、どうしようと思っていると、前方に動くおっさんが。

あのおじさんに助けを求めようと思ってそちらへ行こうとしたら、
ぎっって睨まれた。立ちすくんだところで色や音が戻り、時間が
動き出した感じだった。
姉に訴えたが、鼻であしらわれた。子供のころは脳味噌が不完全
なので、そういう感覚を体験することがよくある、って聞いたので
そういうことなんだと思ってたんだけど、このスレ見たら思い出した。

嘘の記憶

小学生の頃、恐い童謡の謎解きみたいなのが流行ってた。
オカルトにはまってた自分は「かごめ」の本当の意味を謎の人から教えられたと嘘ついた。

でもその「謎の人」のイメージはちっとも謎の人っぽくない
灰色の工場の作業服を着て同じような色の帽子をかぶった、白髪交じりの小柄なおっさん。
嘘なんだからもう少しそれっぽい紳士とかかごめっぽい和風な女性でもよさそうなものなのに
自分の中では断固として作業服の労務者風のおっさんだった。

そのおっさんが「話をしてくれた場所」も、近所のちょっと大きな公園の石のベンチとイメージが固まってる。
それは今はなくなったが実在し、今でも鮮明に思い出すことができる。
奇妙なくらい、石の質感までそこだけ鮮明に。

おっさんは座って、両肘を膝につけて手を組み、猫背になっているので目は帽子の下に隠れてよく見えない。
自分は立っていて、日に焼けたおっさんの口元を見ている。

このスレでおっさんの話を聞くたび、自分がついた嘘の記憶を思いだす。
最近は、そのイメージだけは本当にあった記憶なんじゃないかと思っている。

明確な出口

時空のおっさんのまとめ見てて思い出した
文章下手だし、長くなるので…面倒くさい方はスルーで

私が小学生3年生の頃に体験した話

その日は日曜日で、午前中は近所の仲の良い友達のまいちゃん(仮名)と縄跳びをして遊んだ

お昼になったから、2人共一度家に帰り、お昼ご飯を食べた
お昼ご飯食べた後に落ち合って、午後は近所に住むもう一人の友達(ひろくん)の家に遊びに行くことにした

私の家から300メートルくらい先にまいちゃんの家がある
まいちゃんの家で住宅地は行き止まりになっていて、道は途切れている
まいちゃんの家の裏には、5メートル四方くらい小さなの竹藪が広がっていて、
ひろくんの家はその雑木林を越えた奥の区域にあった
ひろくんの家の区域に行くには、一度私達の住む住宅地を出て、周り路をし
て行くような形だったんだけど、私達みたいな近所の子供達は、みんな雑木林を抜けて遊びに行ってた
小さな雑木林だから、抜けるのに数秒しかかからないから、かなりの近道でした

その日もいつもの様に、まいちゃんの家の裏庭から雑木林に入った

雑木林に入った途端に、体が宙に浮くような感覚(地に足がついていないような感じ)に襲われて、得体の知れない不安でいっぱいになった私は、前を行ってたはずのまいちゃんの姿を探した

触れられるくらい近くに居たはずのまいちゃんが居ない
雑草と竹藪かき分けながら無我夢中で走ったけど、一向に雑木林から抜けられなくなった

途中座り込んで泣いたり、まいちゃんを大声で呼んだりしたけど、雑草と竹藪を掻き分ける音しか聞こえない

歩いたり走ったり、座り込んで泣いたりしながら、とにかく竹藪から抜けたくてウロウロしてたのに一向に出られず、辺りも暗くなってきて、恐怖も頂点

このまま帰れないんじゃないかと本気で思った時、竹藪の前方に灰色のスーツきたおっさんが立ってた

近所の人かもと思って、そのおっさんの方に走って行って、泣きながら「道に迷った。家に帰りたい」みたいなことを訴えたら、おじさんはちょっと困ったような顔して、何も言わずしばらく考え込んでる

私はそこで、知らないおじさんだし、もしかしたら悪いおじさんで…誘拐されるかもって恐怖が沸いてきた
突然怖くなってきて、「やっぱり一人で帰れます」って、おっさんに背を向けて走り去ろうとした

そしたら、おっさんが私をの腕をグイッと掴んで、
「このトンネルを進んでいきなさい」って言った
トンネルなんかないのに…って思いながら、おっさんが指差した方向に目をやると、子供の私が屈んでやっと入れるくらいの穴があった

雑木林の中にぽっかり真っ黒な穴がある感じで、穴の円の周りは灰色っぽく透けてて、中心にいくほど濃い黒になってる感じ
その時は穴に入る恐怖や帰れない恐怖より、おっさんから逃げたい一心でトンネルに入って、無我夢中で走った
小さなトンネルに入ったはずなのに何故か、背筋伸ばしたまま普通に走ってた気がする…w

1 2 3