1. まとめトップ

「顔が覚えられない!」ブラッド・ピットが告白した失顔症とは?

人気のハリウッド俳優ブラッド・ピットが、「顔が覚えられない!」と失顔症の悩みを告白。相貌失認とも言われる失顔症とはいったいどんな症状なのか?ブラピも苦悩する失顔症についてまとめました。

更新日: 2015年10月28日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 41144 view
お気に入り追加

ブラッド・ピットが「人の顔を覚えられない」悩みを告白

俳優としては致命的かもしれない症状を告白したブラピ

自分は会った相手の顔を覚えようとして非常に苦労していると告白

ブラッド・ピットが語る「失顔症」の苦悩

「今年からはあえて『どこで会ったっけ?』と尋ねるようにしている。そうするとさらに悪いことに、相手を怒らせて、思い上がっているなどと言われてしまう」

大スターで多数の人に会わなければいけないブラピが語る失顔症の苦悩

「人々は僕のことを『天狗になっている』とか『自惚れている』と思ってしまうんだ。僕にも本当に分からないんだ。顔が覚えられないんだよ…」

「どうしてそうなってしまうのかわからないんだけど、恐らく失顔症っていう症状だと思う」

「だから、家にいる方が気が楽なんだ。子供の世話で家から出られないって思われているみたいだけど、実際には全くその逆だよ」

この失顔症(相貌失認)とは?

顔の認識能力が一般的水準と著しく異なる、「相貌失認」と呼ばれる病気がある

相貌失認とは脳障害による失認の一種で、特に「顔を見てもその表情の識別が出来ず、誰の顔か解らず、もって個人の識別が出来なくなる症状」を指す。 俗に失顔症とも呼ばれる

顔のパーツは認識できても、顔全体の認識がうまくできない「相貌失認」

相貌失認では、目、鼻、口など、顔の構成パーツは認識できるものの、それらが合わさって構成される「顔」の全体像が認識できない

失顔症(相貌失認)の一般的な症状

ついさっき会ったばかりの相手でも、場所が変わると、先ほどの人だとわからなくなってしまう

相手を顔ではなく、主に、声や歩き方、鼻の大きさなど特徴ある顔のパーツ、服装などで判別してしまう

人表情までも分からなくなってしまう失顔症

相貌失認の程度は日常生活に問題がないものから、非常に深刻な場合まで幅広い

方向音痴などの合併症が生じることも

顔以外にも認識ができな障害を合併していることも

同じカテゴリーにあるものを区別することが困難であるため、たとえば車の車種の区別などがつかないという症例を併発する事例も

「茶碗の区別がつかない」「子猫の区別がつかない」というような訴えがなされる ことも

その他にも、不器用であるな ど、様々な障害 (あるいは、障害というレベルには達しない程度の微細なもの) を合併することも多い

1 2 3





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。