1. まとめトップ
  2. 雑学

意外と知らない「おざなり」と「なおざり」の意味の違い

「おざなり」と「なおざり」。似ているようで微妙に意味が違うこの二つの日本語。その違いと使い方を調べてみました。

更新日: 2013年05月26日

1055 お気に入り 730110 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mii10さん

●「おざなり」?「なおざり」?

なおざりとおざなり、いまだにたまに混乱する(。>д<)

どちらも正解です。

発音も意味も似てて、昔から「あれ? どっちだっけ?」と思う言葉が、「おざなり」と「なおざり」

「ざおなり」なんて言っている人いませんか?どちらも『いい加減なこと』を指す言葉です。

「おざなり」と「なおざり」は意味が近く、共にいい加減な言動を指していう

どちらも 「いいかげんに対処する」 というような意味だが、使われ方は微妙に違う

なんとなく同じ言葉ととらえてしまうのは、ひらがな表記、発音が似ているため

名古屋市立大学特任教授・守誠氏による。

「なおざり」と「おざなり」の使い分けが未だはっきりしないお馬鹿なちばどりあんだいがくにねんせい

中学の時の担任が「なおざり」と「おざなり」の区別ができてない人出ねえ…。

おざなり、と、なおざり。どういう違いがあるのかしら…。隣の女性が言ってて気になるんす…。

●「おざなり」=いいかげんに行うこと

「おざなり」は漢字を入れて書くと「お座なり」となり、「いい加減に物事を処理すること。またはそのさま」という意味

いいかげんでも物事が行われるのが「おざなり」。

「おざなり」は、「いいかげんでも何でもいいから、とにかく物事をすませている」という場面で使われている

●「なおざり」=何もしないこと

「なおざり」は漢字で「等閑」と書き、「いい加減で、注意を払わないさま」が一般的な解釈

一方、何もしないのが「なおざり」。

「なおざり」の意味は、そのままにしてまともに取り合わず放っておくこと・何もしないこと、おそろかにすること

「なおざり」 は必要な対応をしないで、避けて通ることというニュアンスが強い

●物事がされる・されないで区別すると分かりやすい

『おざなり』はいい加減でも"何かする"。『なおざり』はいい加減で"何もしない"。この点が違う

●もう間違えない「おざなり」と「なおざり」

さらっと使いこなせばカッコいい「おざなり」と「なおざり」。他人に一歩差をつける言葉かも!?

「おざなりな修復」は、一応の修復は行われているものの、中味はいい加減で不十分という意味

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • この投稿は現在表示することができません。

1