1. まとめトップ

ネット選挙解禁!ソーシャルメディア上手な政治家・政党はどこ?

公職選挙法の改正により、2013年夏の参議院選挙からネット選挙が解禁になります。どの政党も取り組みに躍起になっていますが、現時点で、活用のレベルにかなり差があるようです。今回は、特にソーシャルメディアとネット選挙について、活用状況を調べてみました。選挙が近づいて、もっと上手な所も出てきたら、随時更新

更新日: 2013年05月26日

4 お気に入り 21686 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nyatttaさん

お金がかからず、有権者と直接対話できるのが、ネット選挙のいい所

そもそもネット選挙は何が出来る?

メールに制限が掛かっているのに対して、FacebookやtwitterなどのSNSは大して制限がないという…
http://promotion.yahoo.co.jp/netsenkyo/

参考になるFacebookの使い方

安倍首相の個人ページ。語りかける文章は勿論、写真の選定も上手ですね

賛否両論の反応があろうが、自分の主義を突き通して投稿する。ある意味、必要な事ですね。

例えば、写真投稿するにしろ、これくらの見栄えは整えて伝えるとか。
そんなに難しくないので、やりましょう。

くれぐれもFacebookでこうならないように

選挙区内のFacebookユーザーの投稿には、手当たり次第、機械的に「いいね!」

立候補者からだけでなく、支援者から、「◯さんに投票して下さい」というFacebookメッセージがスパム状態

twitter編

Youtube、USTREAM編

自民党議員のYoutubeトーク番組カフェスタに力を入れているようです。
いい企画だと思いますが、40分超えは長いですね…
視聴数を上げるには、もっと短い動画でないと。

政治系のYoutubeには、長い時間の動画の垂れ流しが多いですが、浮動票系のユーザーは、そこまでの時間を掛けて、見る熱心さはないです。短くコンパクトにまとめましょう

90万回再生のネットCM。
ネット選挙では、こういった拡散力あるコンテンツを用意して、それを支持者に広げてもらう流れが加速するでしょうね。

まとめ

調べてみたら、出てきたのは自民党ばかりでした。実際、ネット活用では、圧倒的に上手なので仕方がないです。
無所属、他政党も自民党の手法をパクっ…、いやいや、参考にして、もっと上手にネット選挙をを戦ってみては如何でしょうか。

Facebook関連まとめ

1