1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

周りと差がつく、ちょっとおしゃれにクールビズ

クールビズが始まると気になる、ネクタイがなくなってだらしなく見えるサラリーマン。ちょっとした工夫でおしゃれに見えるクールビズの着こなしまとめ。

更新日: 2013年05月26日

436 お気に入り 107010 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

educatorさん

色の選び方

(おすすめのシャツは)白、淡いブルー、ピンクの3色。3色ともクールビズにふさわしい色だから、ワードローブに1枚ずつあるといい

まずは基本の色をそろえる。極端に濃い色は暑苦しい印象を相手に与えかねないので避けた方が無難。

Vゾーンを意識しよう

ノータイでシャツを着る時の着こなしのポイントは、第一ボタンを開けて着ること。

デュエボットーニ・シャツは衿高になっているので第一、第二ボタンを外して着た時に、襟元のたっぷりとした生地がエレガントなラインをつくる。

第一ボタンをあけることを前提に、いつもと違うシャツを選んでみると人とは違った印象に!

襟の角度にも注意!

襟の角度も注意が必要。極端に狭すぎたり、広すぎたりするのは避けた方がいい。

狭すぎると野暮ったく、あけすぎるとだらしない印象に。自分にとってちょうどいい角度を探してみましょう。

素材の選び方

シルクのニットタイやメッシュベルトなどメッシュ感のあるアイテムを用いることで、清涼感と軽やかな印象を醸し出すことができます

ジャケットはホップサック素材がベストだと思います。夏のジャケットというとコットン素材を連想しがちですが、実はコットンは真夏には暑い

素材を変えるだけで、涼しくなる優れもの。ニットタイやメッシュベルトは相手からも涼しげにみえる優れもの。

チーフをアクセントに

シャツをピンクと決めた場合には、ポケットチーフの色はシャツと同系色のオレンジやレッドなどの暖色を合わせてみてください。

胸元のポケットチーフがシャツの色を一層引き立て、鮮やかなVゾーンの印象をつくりだします。

ネクタイがない分、ゆるんだ印象になってしまうクールビズ。胸元にチーフを入れてコーディネートを引き締めましょう!

靴はシンプルに

ジャケットやネクタイなどがなくなり、装いの重心が軽くなる分、それを下支えする靴も表情がシンプルなものを

ブローグやメダリオンなどゴテゴテと入っていないプレーントウの紐靴が、このような装いに大変重宝するはずです

見た目が軽やかになったのに、靴だけゴテゴテだと確かに変な感じです。シンプルが一番しっくりきます。

ポロシャツの着こなし

第一ボタンだけを外したほうがスタイリッシュに着こなせます。また、できれば襟も立てたほうがおしゃれ

ジーンズやチノパンなどと合いますし、上からブレザー等を組み合わせるとセミフォーマル的にも着こなせます。

会社によってどこまでカジュアルに着こなせるかは違ってきますが、ポロシャツもクールビズの重要なアイテムです。

1