1. まとめトップ

【東大発 気鋭のベンチャー】Gunosyの中の人まとめ

統計解析・データマイニングに基づいた高精度なパーソナルニュースキュレーションサービス「Gunosy」を開発する、高学歴でイケメンな中の人たちに迫りました。

更新日: 2013年05月26日

6 お気に入り 18306 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mat-mayさん

「Gunosy」は独自アルゴリズムで自分に合ったニュースを自動的に集めてくれる。東大出身のエンジニア集団を中心に作られており、2011年10月25日のリリースし、破竹の勢いでユーザー数を伸ばし続けた。2012年秋に法人化、そして2013年4月にはついに登録ユーザーが13万人に到達している。

福島良典(CEO)

データマイニングの技術で世の中の情報を整理する

関とかは真面目なのでインターンとかに行っていたのですけど、僕はインターンとかに行くよりはサービスとかを作ってみたいなというのがあって、そっちの方に時間をかけた感じですね。そもそも僕と吉田、関は大学の同級生なんです。大学院では僕だけ別の大学院に行ったのですけど、基本的にやっている研究の内容はデータマイニングとか機械学習だとかで似ていて。

関喜史(分析・レコメンドエンジン開発担当)

工学系研究科技術経営戦略学専攻修士修了。現在は博士課程に籍をおく。

今回内定者日記を書かせていただきます,テクノロジーコース内定者の関 喜史です.どうぞよろしくお願いいたします.

ウェブデータを眺めて考えることが好きだという自分の趣味が
大学で偶然に出会ったデータマイニングという技術・研究分野とマッチし,
この分野で自分を高めたいと思うようになりました.

こういった背景の中,
インターン生として大きなサービスを運営する会社で分析業務を担当したり,
データマイニング研究を生かしたウェブサービスを友人と構築・運営したりと
様々な経験をしてきました.

このような経験により
・データマイニングという分野の重要性,
・この分野のさらなる可能性・発展性
を強く感じ,この分野で仕事がしたいと思うようになりました.
この分野で第一人者と呼ばれる人になることが今の自分の目標です.

吉田 宏司(アプリケーション開発担当)

ベンチャー企業でのインターンは互いに切磋琢磨しながら仕事を出来たので、本当に良い経験でしたね。僕がインターンをしていた時期はなぜか社員が社長しかいなかったんですよね(笑)他はみんなインターンで。だから待っていても自分で仕事を見つけ出さないと仕事はこないので、毎日が刺激的でした。

竹谷 祐哉(マーケティング部 アライアンス担当)

マーケティング部 アライアンス担当 竹谷 祐哉氏
竹谷氏はスタートメンバーではなく、後からマーケティング担当としてGunosyに参加

「まずはGunosyというサービスを充実、成長させることを重視しています。広告表示なども考えないわけではありませんが、まだその時期ではないと思っています。ベンチャーというのは資金を集めやすいものですが、Gunosyは特に認めていただいていて投資を受けやすい状況です。無理に収益を上げることより、利用者層を広げることを優先したいですね」

もっと見る

1