1. まとめトップ

【即効】顎関節症※マウスピースを使った顎の痛みの治し方

顎関節症の改善に役立つサイトをまとめました。口が開きにくい人とか、口を開けるときに音がなってしまう人は参考になると思います。ちなみに僕も、マウスピースを使って顎関節症の治療を開始しました。自宅治療法ですが。。。

更新日: 2013年05月26日

12 お気に入り 83724 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

arei3fさん

顎関節症はつらすぎる!

このまとめを作成している僕も、顎関節症で悩み続けています。でも、最近、マウスピースを使った治療を開始して、大分、顎の負担が軽減されました。

このまとめでは、顎関節症をこれから治したいと言う人に役立つサイトを紹介します。

「噛みしめ」が顎関節症の原因!

僕の顎関節症の原因は、歯の噛みしめだったので、噛みしめの予防を重視したまとめになってしまうかもしれません。。。

マウスピースは噛みしめ防止のために必要!

一番つらいのは朝

僕の場合、顎関節症で一番つらいのが朝でした。

夜に歯をかみしめてしまう癖があったので、朝起きた時、口が開かないことが多かったからです。それを無理やり開けるのだけど、どう考えても、あごの関節にいいとは思えない。

変な音とかがなるしね。毎日のことなのだけれど、口を開くときにちょっとした恐怖心があったりしてね。

男には顎関節症が少ないせいか、友達に同じ悩みを持っている人もいなかったので、相談できる相手もいないで結構苦労した。

顎を鍛えようとして逆効果

数年前だけど、最近の若い人は物をよく噛まなかったり、柔らかいものばかりを食べているので、顎が弱くなっているとテレビで放送されていた。

それをなおすためには、ガムをよくかだり、するめをかんだりするのがいいと紹介されていたので、これは、顎関節症を治すのにも役立つかもしれないと考え、実践し、顎に負担をかけてしまったことがある。

でも、マウスピースを使うようになった今、振り返ってみると、ガムをかむのは、逆に顎に大きな負荷をかけるので、顎関節症にはよくないことだったのだと思う。

テレビで推薦されていた通り、ガムを3枚ぐらい口に入れて噛んでいたのだけど、顎がカクカクなって痛かっただけだった。

テレビでやっていたのは、顎関節症の改善方法ではなかったのに間違った方法をしてしまったのだ。

顎関節症は食事中もつらい

たぶんストレスが多いときとか、知らず知らずのうちに、昼間でも歯をかみしめてしまって、口が開きにくくなってしまうことがあったのだと思う。

食事の時に、カクカク音がなるまくる日がたまにあって、あれが嫌だった。

女の人なんて、特に恥ずかしいんじゃないのかな。

僕の結論!

顎関節症はマウスピースで治る!

※噛みしめが原因で顎関節症になった人はたぶん効果があると思いますよ~!

1