1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

【博物館】入場無料だけどスゴい「インターメディアテク」《JPタワー,KITTE内》 東京駅徒歩1分

インドアおでかけスポット 昭和モダニズムの名建築 東京中央郵便局。再生されたその施設《KITTE》の2・3階にある、東大と日本郵便が共同で運営するインターメディアテクがおもしろい。無料でこれはスゴイ! 一度行ってみる価値あり!!

更新日: 2016年12月01日

fabulousgcさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
677 お気に入り 377374 view
お気に入り追加

IMT(InterMediaTheque)とは

日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で運営をおこなう公共貢献施設

[所在地]東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー2・3階
[入館料]無料

ミュージアム基本情報

[プロジェクト名称]日本郵便・東京大学産学協働プロジェクト「インターメディアテク」
[施設公式名称]JPタワー学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク」
[施設通称]インターメディアテク(IMT)
[所在地]東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 JPタワー2・3階
[施設総面積]2996m²
[開館日]2013年3月21日
[入館料]無料

この施設には、東京大学が明治10(1877)年の創学以来蓄積に蓄積を重ねてきた学術文化財が常設されています。展示に用いられているケースやキャビネットは、大方が教育研究の現場で使われていたものです。

帝大時代のものが多く、それらのかもし出す重厚な雰囲気に、19世紀へタイムスリップしたような気分にとらわれる方もあろうかと思います。

場所は東京駅近く3月21日開業のJPタワー商業施設「KITTE」

KITTEのインターメディアテク(東京大学総合研究博物館がやってる)、初めて行ったけど、とても良かった。骨格標本、博物標本がとにかく凄い!山科鳥類研究所寄贈の鳥類剥製の出来も素晴らしかった。そして無料。その辺りが好きな人はぜひ。

正直なめてました、インターメディアテク。まず雰囲気かいい。最小限の説明だけなので、ミュージアムというよりどこかの博物館の倉庫に迷いこんだみたい。そして所蔵数。スペースの割には相当なボリューム、まともに見られない位置にまで展示が。本家東大の総合研究博物館が好きな人にはオススメ!

インターメディアテクすごすぎ。これをやれるのが東大か。

ところで昨日、丸の内KITTEのインターメディアテクに行ってみたんですけど、物凄かった。ピンポイントで薦めると、なおさんは絶対好きだと思う。あと、博物学とか標本とか幻想とかシュールレアリズムとか澁澤龍彦とかに反応するひと向け。震える。入場無料。

@yofukashisuna 好きなんですよねー、そういうの。インターメディアテクはまじでおすすめですので機会あればぜひ!

@yofukashisuna 国立科学博物館、害虫駆除のため臨時休館だったみたいですね。もしそういうのがお好きなら、東京駅KITTE内の総合ミュージアム「インターメディアテク」も無料なのに見応えがあるのでおすすめですよ。

1 2





このまとめへのコメント2

  • この投稿は現在表示することができません。

  • 博物館行きさん|2013.06.04

    インターメディアテクの魅力がわかりやすくまとめられていると思いました。公式ウェブなどではわかりづらいので他の人に紹介するときはここを使わせてもらいます。

1

fabulousgcさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう