1. まとめトップ

結婚できない女の特徴と対策まとめ

アラサー独女の皆様の為にまとめてみました☆

更新日: 2013年05月27日

34 お気に入り 99458 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kryknさん

アラサーパラサイトシングルになれて結婚できない

ラサー世代に未婚のまま親と同居する
「パラサイトシングル」が増加中。

親世代と同居した方が経済的に有利ですが、
パラサイト生活が長く続くと婚期を逃す可能性が高まるのです。

夢のようなパラサイトシングルと、新婚生活を比べると、やはり大きな格差が生まれてしまいます。生活レベルを落としてまで結婚する価値が見出せず、婚期を逃してしまうのです。

パラサイトシングルの生活満足度は高い!

学習院大学経済学部教授の鈴木亘氏は、『パラサイト・シングルの方がそれ以外の人々よりも生活が悪化した人々の割合が高くなっている』と指摘します。その理由は、親の高齢化が進むと介護などの必要性が生じますが、パラサイトシングルは充分な経済力を持たないケースが多く、一家を支えるのが困難になるから、とされています。

パラサイトシングル女性には、びっくりするほど美しい女性も多いです。
一人暮らしの女性に比べて、美容や交際費にかけられる金額が多いことは、小物ひとつみても明らか。
ある女性は、アンダーヘアの脱毛処理代金さえ親に負担してもらっていました。
でも、その月々10数万の美容費をごく一般的なアラサー男性がいっしょに負担することは、現実的ではありません。
つまり、パラサイトシングルの女性は、分不相応な金銭感覚を持っているケースが多いのです。

「30歳でしょ? 短くて7~8年、長くて10年くらい世に出てから経ってるわけでしょ? それでこの暮らし(パラサイトシングル)をできちゃったらね……親がいるから、寂しくもないしさ、それほど切迫してないと思うよ。それでみんな『はっ!』って気づいた時には、手遅れになってるのよ」

マツコの意見

では、三十路過ぎのパラサイトシングル女性が、現実の荒波に立ち向かい、真のパートナーを見つけるにはどうすれば良いのでしょうか?

パラサイトシングルは、一見するととてもリッチな生活を送っているように見えますが、その生活がずっと続く保証はありません。

親子関係を悪化させよ、と言っているわけではありませんが、少なくとも、いつでも対等に議論するくらいの覚悟は持ちましょう。

親離れするということは、そういうことです。

水商売をしてでも一人暮らしをする

モテるのに結婚できない?

もてるのに結婚できない女性には
・ もてることが日常で男性に対して努力をしない
・ 自分は永遠にもてると信じている
・ 理想が高く、妥協できない
・ 背が高い
・ ちょっとのんきで鈍感
・ 仕事に打ち込んでいたり、家庭的な雰囲気がない

このような共通点があるようです。

原因は、彼女の少し高飛車な態度

一緒にいると男性がだんだん疲れを感じてしまう

日常的にモテていた女性は結婚に至らないまま30代になってしまうことが多い

どんな美人でも、女性は35歳を越えると急にモテなくなります。

男性を惹きつける努力をしようとしない

ちょっとした行動の変化が結婚を引き寄せます。

●年収は私より多くないとダメ、という条件を捨てる

男性に求める絶対条件を考え直しましょう。

●手料理を振る舞う

●お金のかからないデートを提案する

相手の負担を軽減するために自分から安上がりなデートを提案してみて

彼女どまりで結婚できない

プレステージの高いオトコと付き合うチャンスはあるくせに、いつも〝彼女どまり〟で終わってしまう女性は少なくない。

理由1:結婚相手を選ぶ目がない

男性を見る目をしっかりと持ち、結婚しないオトコから卒業すべきである。

理由2:〝ウォームハート〟が足りない

最終的に勝ち残れる女性は何の衒いもなく、ごく自然に〝ウォームハート〟を発揮できる女性なのである。

理由3:決断力不足

カレの将来性ではなく、自分の将来の目標を先に明確にしてみては?

マザコンすぎは結婚できない

親子が仲が良いのは良いことですが、母親が子どもに依存または子どもが母親に依存しているかのように過度に甘えている母娘たち。

男性は、結婚したいと思っていても結婚を躊躇してしまうようです。

「2人でちょっとした口論になると、何かにつけて『お母さんが言ってるから私のほうが正しい』と意見を変えない。頑固すぎて将来、子育てをするとき不安」(32歳/商社勤務)

「彼女の家にお邪魔していたとき母親が急に入ってきてびっくり。最中じゃなくて良かったけど、将来自分たちの家の鍵を持たれたらと考えるとゾッとする」(31歳/金融)

「デート中に欲しい洋服を見つけると買おうかどうしようか迷って母親に電話。『来週末旅行に行こう』と言っても、とりあえず『ママに聞いてみるl』で一向になんにも決まらず疲れました」(31歳/IT)

「地方から出てきている彼女と同棲中です。友達がいなくてさみしいのもわかるし、お母さんと仲がいいのはかまわないけど、仕事から疲れて帰っても毎日電話されてちゃ、とても休まらない。オレの愚痴も散々言っているみたいだし、彼女の母親には会ったことないけど、オレのことよく知ってそう(笑)」(31歳/メーカー)

1 2